2006年01月29日

TOEI最後の決戦2

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級を受験し見1次2次とも見事一発合格!
次なるTOEIC対策を開始する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

留学を終え、英検1級を取得した私は、TOEICを受けることにしました。


TOEICは英語力自体が重要なのは言うまでもないことですが、

試験中に集中力を途切れさせないことも特に重要です。


リスニングセクションでは、

ナレーションが流れ、10秒以内に回答をマークし、次のナレーションを聴く、

ということを延々と繰り返します。


リーディングセクションでは、膨大な量の文法問題を解き、膨大な量の英文問題を解くことが要求されます。

リスニングセクション・リーディングセクションとも、リズムよく問題を解いていくこと、最後までそのリズムを崩さないことが高得点獲得のためには必要です。


私が最後にTOEICを受験してから既に3年ほど経っていました。

そのため、練習なしにTOEICを受験することは一抹の不安がありました。

私は、TOEICに必要な集中力、問題を次々に解いていくリズム感を取り戻すために、TOEICの模擬試験教材、TOEICテストまるごと模試600問で実践さながらの練習を3回こなしました。


毎日の会社と自宅の行き帰りの間には、
AFNニュースフラッシュを聴き、リスニング力の維持向上を図りました。

この教材は、英語教材の中では、ナレーションのスピード、語彙レベルなどの難易度が最高峰だと思います。

スクリプトや和訳などが載っているテキストがメモ帳レベルの大きさなので満員電車の中でも開きやすいところも気に入っています。

この難関教材でリスニング力を鍛えておけば、TOEICのリスニングセクションは楽勝なはず。そう考えてこの教材を選びました。

模擬試験でTOEIC勘を取り戻し、AFNニュースフラッシュで反復リスニング、シャドーイング、音読を繰り返す日々が続きました。

そして、いよいよTOEICの開催日当日。。。。

To be continued...

TOEICの結果を知りたい人はここを応援クリック
posted by Tabbycat at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック