2006年01月29日

TOEI最後の決戦4

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級を受験し1次2次とも見事一発合格!
そしてこれまでお世話になったTOEICとの最後の決戦を開始する!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

TOEIC最後の決戦。

リスニングセクションを満点には程遠い感触で終えた私は、やや焦る気持ちでリーディングセクションへ突入しました。

リーディングセクション最初の文法・語法問題は今となってはお馴染みのパターンの問題ばかりです。

私は長文読解問題のための時間を稼ぐべく、高速で文法問題を解いていきました。

しかし、なかには知識があいまいな語法を問う問題があり、悩まされました。

自分の英語力にどんなに自信があったとしても、TOEICの試験直前には、文法対策問題集を復習しておくべきでした。


長文問題は、初めてTOEICを受験した時には、その文章の長さと多さにウンザリさせられ、全く時間が足りませんでした。なにしろ最後の10問くらいは何も考えずに全部「B」を塗って終えたくらいでしたから・・・

しかし、今回はスラスラと解くことができました。

そもそも、せいぜい1・2ページ程度の英文は「長文」ではないのです。
私はこの「長文問題」ならぬ「短文問題」についてはほぼ完璧に回答することができました。

試験時間を15分くらい余らせて一通り回答し、適当にケアレスミスのチェックをしながら試験時間修了を待ちました。


TOEICというのは、自分の英語力の向上を、「試験中の手ごたえ」と「スコア」という基準で図ることができる優れたテストだと思います。

初めてTOEICを受けた時と今回の手ごたえの違いから、「自分の英語力も相当上がったもんだなあ」という感慨にふけりつつ、私のTOEICとの最後の決戦は終わりました。



そして、しばらくして、



試験結果が返ってきました。


To be continued...

TOEIC最後の決戦の結果を知りたい人はここを応援クリック
posted by Tabbycat at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック