2006年01月29日

TOEIC900突破!

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級を受験し1次2次とも見事一発合格!
そしてこれまでお世話になったTOEICとの最後の決戦を開始する!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


TOEICとの最後の決戦が終わってしばらくして、試験結果が返ってきました。

結果は、


リスニングセクション460点、

リーデイングセクション475点 

合計935点


うおっしゃあああああああ!!!!

TOEIC900突破!!!!!




新入社員研修で初めて受けたTOEICが450点でした。

あれから3年間ほど英語の勉強をしないお気楽サラリーマン時代を経て、

その後4年間英語の勉強をしてきたことで、TOEIC900を突破することができました。


これは本当に感無量でした。


これまで私の英語力を認めようとしなかった会社の人たちも、私の英語力を認めてくれたようでした。




英検1級に続いてTOEIC900を突破したことで、私の中でも心境の変化が起きました。



「TOEIC900なんて大したことは無い」

という心境になっていました。


私は英検1級やTOEIC900を取ってしまいましたが、

私のスピーキング力やリスニング力は全く十分ではありません。

ネイティブ同士の世間話は聞き取れないことがほとんどだし、

自分の言いたいことも、たどたどしくしか言えない事も多々あります。


まだまだ英語の勉強が必要だと思っています。



英検1級やTOEIC900をとる前までは、

「英検1級やTOEIC900を取るような人は英語の達人で、英語ベラベラなんだろう」と考えていました。

でも実際はそうではありません。


「英検1級やTOEIC900というのは、ノンネイティブスピーカーを目指すための入り口に立ったに過ぎない。」


そう考えるようになっていました。



これからは、「英検」や「TOEIC」という他人が用意してくれる尺度はありません。

自分自身で自分の英語力に対する尺度を持たなければなりません。

自分の英語力に満足するかどうかは自分次第です。



英語の試験を受ける予定がなくなった後も、通勤時間はICレコーダで英語を聴き、シャドーイングし、音読する習慣を続けました。



しかし、、、

会社では英語を使う機会が限られていました。

社内には外国人は数えるほどしか在籍しておらず、私の属する部署とは関係の薄いセクションで働いていました。

英語の電話やレターを受け取ることもほとんどありませんでした。


時々英語を必要とするときに「英語屋さん」として上司に都合よく使われるだけで、

自分のこれまでの努力を全力で完全燃焼している実感からは程遠いものがありました。


MBAで学んだ知識や考え方を活かす機会も与えられず、MBAで学んだことを土台に発言すると「生意気な奴」という周囲からの視線を感じました。

MBA留学させてくれた会社には感謝しているものの、「このまま今までの努力を仕事に活かせないままで良いのか」というモンモンとした気持ちを抱えたまま過ごす日々が続きました。



そんなある日。

外国人からの電話が私の部署にかかってきました。

英語の電話は、誰あての電話でも、用件が何であっても私に転送されてきます。

英語屋扱いされることにうんざりしながら、私は転送された電話に出ました。

私"Hello."

外国人"Hello. Could I talk to Mr. Tabby Cat please?"

私宛の電話でした。でも面識が無い相手です。

私"This is Tabby Cat speaking."

外国人"Oh you are. I would like to offer you very attractive position in a foreign capital firm."





それはヘッドハンターからの電話でした。





To be continued...





続きを読みたい人はここを応援クリック
posted by Tabbycat at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック