2006年01月29日

外資系企業の入社面接開始

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級を受験し1次2次とも見事一発合格!
そしてTOEICとの最後の決戦で935点獲得!!
しかし・・・・
MBAと英語力を活かす機会の無いモンモンとした日々を送っていたある日。ヘッドハンターから破格のオファーを受ける。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MBAを卒業して帰国し、英検1級とTOEIC900オーバーを獲得したものの、

MBAも英語力も活かせないモンモンとした日々を送っていたある日、

ヘッドハンターから受けた破格のオファー、

給料1000万円〜1500万円!


さらに高水準インセンティブボーナス!!



当時の私にとっては破格の待遇でした。

ただ、聞いたことのない会社だったので、ヘッドハンターから会社の情報をもらい、

自分でも調べてみてから入社面接を受けるかどうか決めることにしました。


調べてみた結果、米国本社は問題ない様子でした。

しかし、日本での事業の状況はインターネットで幾ら調べても分かりません。

ヘッドハンターに聞いても、「疑問点は是非面接の場で聞いてくれ」
とのこと。

ようするによく知らないのでしょう。


企業調査をしていてよく分からない時は、実際に経営者やマネージャーに会ってみるのが一番です。
私は入社面接を受けることにしました。

そしてヘッドハンターに面接のセットを依頼しました。



面接当日の某月某日午後8時。

私は何とか仕事をやりくりし、時間通りに相手企業を訪問しました。

その企業は、某ビルの1フロアをオフィスにしていました。

エレベータホールはドアでふさがれており、その前には守衛が立っています。

私は名刺を差し出し、○○社とアポイントがある旨を伝えました。

守衛は内線をかけ私の言うアポイントが事実であることを確認すると、私へオフィスの階数を教えてくれました。

エレベータが指定された階まで着き、エレベータのドアが開くとそこに外国人の男性が慣れた笑顔を浮かべて立っていました。

彼"Mr.Tabbycat?"

私"Yes! Mr.○○?"

彼"Yes! Thank you for your taking the time."

予想外にも面接相手であるボス本人の出迎えを受けてしまいました。

そして世間話をしながら、エレベータから応接室まで一緒に歩きました。


実は、この移動中のSmall Talkというのは実はとても重要です。

最初の挨拶と面接開始前の会話で印象は決まってしまいます。

この時点で不採用が決まる場合もあります。


私は事前に用意していた、明るくかつふざけすぎないSmall Talkのネタも使って会話し、いつもより二割増位の快活さを装いました。

なかなか良い第一印象を与えた感触でした。



応接室に着き、私はボスと対面に座りました。

ボスは持っていたレポートパッドを広げて私のレジュメを確認し、そして改めて私の顔を見ました。

いよいよ面接本番開始です。


To be continued...


続きを読みたい人はここを応援クリック
posted by Tabbycat at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック