2009年09月12日

バークレイズ:アジア太平洋で来年さらに採用−日本でも機会大きい

Boomberg.co.jpより:

英バークレイズ:アジア太平洋で来年さらに採用−日本でも機会大きい
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003011&sid=aGYPKTVtV5AQ&refer=jp_asia

9月11日(ブルームバーグ):英銀バークレイズのアジア太平洋地域最高経営責任者(CEO)、ロバート・モリス氏は11日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、域内で来年、さらに採用を進めると語った。

  同氏は「市場環境の改善に伴いここ2、3カ月で競争は激しくなったが、採用を続けている」とした上で、「2010年にはさらに人を採用する計画だ」と述べた。「現時点では域内の大国4、5カ国に重点を置いている」という。

  同氏は有望視する市場としてインド、韓国、オーストラリア、中国を挙げた上で、日本について「多くの企業が規模を縮小しているが、これは当行にとって大きな機会だ考えている」と述べた。


外資系企業が日本での雇用拡大を志向することは、日本人にとってはプラスです。

しかし、私がこの記事で注目したのは、その点ではありませんでした。

私が注目したのは、記事中の、

日本について「多くの企業が規模を縮小しているが、これは当行にとって大きな機会だ考えている」と述べた。

と言う点。

今、外資系金融機関の日本オフィスがリストラをしている、という話は聞きますが、採用を拡大しているという話は聞きません。

昨年のリーマンショックによる収益の急激な低下によって、目先の黒字を確保するためにリストラをせざるを得ない、というのが、最も大きな要因です。

しかし、私は、そのような一時的な要因だけでなく、もっと構造的な要因もあるのではと考えています。

つまり、外資系企業にとって、日本へ進出するメリットが低下しているのではないか、ということです。

日本のビジネスは儲からない、と各外資系企業の本国本社が考え始めているような気がします。

今後景気は、拡大と縮小を繰り返すのでしょうが、そのサイクルを経るにつれて、だんだんと、日本に進出する外資系企業の数は、減っていくのかもしれません。

そうなった場合、外資系企業を渡り歩く日本人にとっては、勤め先候補企業の減少を意味します。

今後は、厳しい椅子取りゲームが繰り広げられそうです。


それでは、どうすれば良いのでしょうか。

私は、基本に立ち返れば良い、と考えています。

顧客を創造する力のある人を採用したい、というニーズは、決してなくなることはありません。


日本市場での顧客をしっかりと掴み、顧客を満足させるサービスを行うこと。

これを、しっかりと継続的にできる人は、今後いかなる環境になったとしても、食いっぱぐれることはないでしょう。


この記事がご参考になりましらた、ぜひ応援クリックおねがいします。
ブログランキングには、英語学習に役立つブログがたくさんありますよ。
ブログランキング
にほんブログ村


posted by Tabbycat at 23:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。先日お邪魔させて頂きました茉莉です。前回はTOEIC700点から800overを目指しているとコメントさせて頂きましたが、ベストスコアを10点更新出来れば、800台点は達成できそうです。やはり集中的に取り組むことは大切ですね。

ところで今回のエントリも興味深く拝見させて頂きました。概ねTabbycatさんのご意見に賛成で、私も日本における外資金融の労働市場は今後も縮小するのではと考えています。管理・間接部門ではアウトソースの流れが顕著ですし。ご指摘の通り顧客を想像出来ることに加えて、私は自分が評価されるマーケットを拡大すること、日本以外の労働市場でも評価されるようになることも大切なのではと感じています。

その一つとして重要なのが、語学力であり国際的に通用する専門知識かなと。地道なところではTOEIC900点、もっと流暢な英語力+αを目指して頑張ろうと思っています。
Posted by 茉莉 at 2009年09月14日 15:31
茉莉様

いつもコメントありがとうございます!

TOEIC800オーバー間近とのこと。あと少しですね。頑張ってください!

>私は自分が評価されるマーケットを拡大すること、日本以外の労働市場でも評価されるようになることも大切なのではと感じています。

全く同感です。日本以外の労働市場では、今度は「日本語ができること」も強みにすることが出来ます。

私もTOEICを超えたもっと流暢な英語力+αを目指しています。お互い頑張りましょう!


Posted by TabyCat=>茉莉様 at 2009年09月21日 08:11
はじめまして。コメントをさせていただきます。
外資系企業が日本が儲からないと考えているのは、日本経済が原因ではなく、私は政治にあると思います。
理由の一つとして、英国の雑誌エコノミストによると、この1クオーターで日本のGDPは10%近く回復しています。この数字から見ても、日本でのビジネスが外資系にとって魅力がないというのは安易ではないかと思います。むしろ、為替の変動リスクや、政治的な動きがおおきいのかな?と私は思うのですがいかがでしょうか?
Posted by LUNA at 2009年10月07日 07:57
LUNA様

コメントありがとうございます。

為替や政治的要因も理由にあるかもしれません。

日本円は、アメリカから見てもイギリスやユーロ圏からみても外貨である、という事実は影響がないとは言えないと思います。

政治に含まれるかはわかりませんが、日本独特の商習慣や法律・規制が障壁になっているのは事実です。
そのため、「日本」と「海外本社」のはざまで、外資の日本オフィスで働く日本人は日々苦労しています。。。
Posted by TabbyCat => LUNA様 at 2009年10月08日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。