2009年10月08日

日本から不良債権がなくなる!?

日本の銀行から、不良債権がなくなるかもしれません。

Kamei Says Moratorium Won’t Increase Japan Bad Loans
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=a0SHrXgxXFgE

By Finbarr Flynn, Takahiko Hyuga and Shingo Kawamoto

Oct. 6 (Bloomberg) -- Japanese banks’ bad loans won’t be driven higher by a proposed moratorium on debt payments by struggling small companies, said Financial Services Minister Shizuka Kamei.

Lenders won’t have to classify loans encompassed by the plan as non-performing, Kamei, 72, said in an interview yesterday at his office in Tokyo. That means they won’t be forced to boost provisions when borrowers postpone repayments of interest or principal, he said. At the same time, Kamei vowed to push banks to extend more credit to small businesses after bankruptcies hit a six-year high in Japan.

“We’re going to get financial institutions to provide these firms with more loans,” said Kamei. “Banks won’t have to treat debt on which they provide a moratorium as bad.”
 
経営難に陥っている中小企業の債務返済を猶予しても、日本の銀行の不良債権は増えないだろう、亀井静香金融・郵政改革担当相は語った。

銀行は、返済猶予した貸付金を不良債権に分類する必要はない。亀井氏(72)は先日のインタビューで語った。これは借り手が金利や元本の支払いを遅らせたとしても、貸し手の銀行は貸倒引当金を計上する必要がないということだ、と彼は言った。現在、企業倒産件数は過去6年で最高の水準に達しているが、亀井氏は、中小企業への融資を増やすよう銀行に働きかけると明言した。

「我々は、中小企業に資金を提供するよう金融機関に働きかけるつもりだ。」と亀井氏は言う。「銀行は、返済を猶予した貸付金を不良債権として扱う必要はない。」


一見、お金に困っている中小企業を助けるとても良いアイデアのように見えます。

しかし、このアイデアには危険がいっぱいです。

お金を返せない企業に貸したお金を、銀行は不良債権として計上する必要がなくなるのです。

これを杓子定規にとらえれば、日本中の銀行から不良債権は消えてなくなるでしょう。

日本の銀行のバランスシートはピカピカになります。

当然、これは実態とは異なるわけです。誰も「不良債権ゼロ」という銀行の財務諸表を信じなくなるでしょう。

これまで時価会計の導入などによって進めてきた、財務情報の透明化、という流れとは正反対の動きです。

モラルの低い銀行員と、ペーパーカンパニーを作る程度の知恵のあるヤ○ザな人が協力すれば、いくらでも銀行からお金を引き出すことができそうです。

これから、日本版サブプライムローンが発生しそうな気がします。


「銀行の融資姿勢が積極化!」

「中小企業の資金繰りが改善!」

「銀行の財務体力が向上!」

こんな記事が新聞に出てきたときが、次の日本の「中小企業サブプライムローンバブル」が崩壊を始めるのかもしれません。


最近暗い話題ばかり取り上げています。申し訳ないです。

暗いニュースが多い時には、自分と向き合い、コツコツと自分に投資するのが一番です。

私が朝の通勤途中に通り過ぎるスターバックスでは、20半ばくらいの若いサラリーマンの方々が、TOEICやCPAや証券アナリスト、そして私の知らない分野の勉強を一所懸命にされています。

こんな無言の努力家達の姿を見ると、私もとても刺激を受けます。


ブログランキングには、英語学習に役立つブログがたくさんありますよ。
ブログランキング
にほんブログ村




posted by Tabbycat at 23:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>私が朝の通勤途中に通り過ぎるスターバックスでは、20半ばくらいの若いサラリーマンの方々が、TOEICやCPAや証券アナリスト、そして私の知らない分野の勉強を一所懸命にされています。

皆もう日本は先細りしていくの分かっていて、自力で歩くしかないと若い人は思っているのではないでしょうか。最近こんなblogが話題のようで、コメントからも日本はもう駄目かもな雰囲気が漂っています。
http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/

私も今英語を勉強していて、読み書きはある程度できるのですが(TOEIC830)話すことが難しいです。tabbycatさんの真似してシャドーイング頑張ってる途中です。来年中には話せるようになりたいです。
Posted by yuto at 2009年10月15日 01:02
yuto様

コメントありがとうございます。

私も今の日本、特に若者の間に漂う閉塞感を危惧しています。

景気が悪い時には、いろいろなメディアで悲観論が語られ、悲観論が自己増殖してきます。今がその時期にあります。

こういうときは、世間の言説に振り回されず、自分に投資をしていくことが大事です。

yuto様の英語力向上をお祈りしております。


Posted by TabbyCat =>yuto様 at 2009年11月19日 08:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。