2009年11月25日

内藤忍氏の「ブログや本の執筆で書くスピードを上げる方法」

(株)マネックス・ユニバーシティ 代表取締役社長、内藤忍氏のブログにあるエントリー「ブログや本の執筆で書くスピードを上げる方法」は参考になります。

ブログや本の執筆で書くスピードを上げる方法


内藤氏は、以下のプロセスで文章を書く事を提唱しています。

私にとって特に有益だったのは、

アイディアを構想する→結論を導く→文章の構成を考える→具体例を設定する→ブロック毎に書いていく→寝かせて最後に校正する


このプロセスのうち、「アイディアを構想する」についての、「常に24時間考えることです。といっても机に向かってうんうんうなるのではなく、人と会ったり、一人で道を歩いたり、通勤電車だったり、トイレで思いついたり、ということが多いもの。その時に忘れないように思いついたらすぐに手帳にメモしておきます。」というヒントです。

また、「そのためには、常にネタを見つける作業を怠らないことと、文章を書くプロセスをいくつかのステップに分解して、机に向かったら一気に書けるようになるまでの下ごしらえをしっかりやっておくことだと思います。」というのも有益でした。

文章を書くプロセスのうち、「ブロック毎に書いていく」段階以外は、机についていなくても、パソコンがなくても、いつでもこでもできるということです。

内藤氏のアウトプット量が一般人よりも桁違いに多い理由の一端を垣間見ることができました。

私が内藤氏のアドバイスに付け加えたいのは、このノウハウを知るだけでは不十分で、実際に何度も文章を書いてみてはじめて、文章を書く技術が身に付く、ということです。

文章を書く技術は、スポーツや楽器演奏と同じく、反復練習によって習得するものだと、自分自身の経験から思います。

この記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。
ブログランキング
にほんブログ村




タグ:ブログ書き
posted by Tabbycat at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生産性を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。