2006年03月01日

辞表提出

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級を受験し1次2次とも見事一発合格!
そしてTOEICとの最後の決戦で935点獲得!!
MBAと英語力を活かす機会の無いモンモンとした日々を送っていたある日。ヘッドハンターから連絡を受け、初めて外資系企業の面接を受ける。
相手企業に魅力を感じず辞退したものの、外資系企業でもやっていけるかもしれないという自信を持った私は転職活動を開始!
試行錯誤のすえ、とある外資系企業からオファーを受け取った!!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とある外資系企業から内定をもらった私は、すぐにでもこの会社で働きたい気持ちでしたが、その前にやることがあります。

今の会社を辞めなければなりません。。。

今の会社は典型的な国内企業で、

転職退職者=非国民

という雰囲気があります。

「会社とは定年まで勤めあげるものだ」という考えが当たり前のものとして浸透しており、途中で辞める人は結婚退職する女性職員程度です。

ごくまれに転職のために退職する人が出ると、退職告知した日から実際に辞める日までは針のむしろのような状態に置かれていました。

そのような中、私は辞表を提出しなければなりませんでした。

しかも私の場合、会社のお金でMBA留学をさせてもらった身です。

どんな目に会うのか、留学資金をめぐって裁判ざたになるのか、心配事はつきませんでした。

世の中には企業派遣MBA留学したあと会社を辞めた人は大勢います。

大前研一氏や楽天の三木谷氏などがそうです。

「あの人たちタフそうだもんなあ。辞めるのも平気だったんだろうなあ。。。」

そんなことを考えました。

辞表をだす日は、外資系企業の採用面接よりも緊張しました。

緊張しすぎて気分が悪くなったほどです。

妻も「あの日は緊張して落ち着かなかった」と言います。

私はいつもより早く出社し、いつも一番に出社している課長の机へ直行しました。

「課長、今日ご相談させていただきたい件があるのですが、、、」

これだけじゃ何のことか分からんだろうなーと思った私が説明を付け足そうと思った矢先、

課長は私の顔を見て、答えました。

「今日、昼メシの時に聞こう」

この人勘が良いんだよな〜・・・

わたしは心臓をバクバクさせながら昼休みを待ちました。

To be continued...

続きを読みたい人はここを応援クリック
posted by Tabbycat at 12:14 | Comment(8) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英語のHPランキングサイト作りました。作ったばかりで、登録者が少ないですが、これからがんばっていこうとおもっています。英語のみに特化したランキングですので、重宝するとおもいます。どうぞよろしくお願いします。HPランキング王「英語」
Posted by Yasu at 2006年03月01日 14:11
上のURL間違っていました。何度も投稿すみません
Posted by Yasu at 2006年03月01日 15:18
親サイトの「MBA式英語速習法」を読ませていただき,英語学習に開眼しましたNatsuです。こちらのブログも楽しみに読ませていただいております。
まずは1歩を踏み出そうと,1月から「アメリカ口語教本」の入門(^ ^;)から毎日シャドーイングをしています。4月からは,やっと初級に入れそうです。
こんな私ですが,最近,ちょっと感動したことがありました。深夜,たまたまつけていたTVで,映画(字幕)を放送していたのですが,そのとき会話が聞き取れる場面が何度もあったのです。「勉強した甲斐があった!」と深夜に大はしゃぎしました。
実は,英語以外にも,もう1つ別の言語も同じようにシャドーイングによる勉強を始めたのですが,やはり映画の台詞が聞き取れる場面がありました。
シャドーイング,恐るべし!ですね。毎日1時間程度しか出来ないのですが,この勉強法,続けていきたいと思います。
これからも,様々な情報やお話を期待しています。
Posted by Natsu at 2006年03月03日 14:43
Natsu様

コメントいただきありがとうございます!
私のサイトを参考にしていただき光栄です。
シャドーイグは耳と口と脳を同時に英語化する強力な学習法です。
早速効果を実感できたとは素晴らしいですね。
毎日1時間でも「継続は力なり」です。
これからも頑張ってください。
サイト・ブログのご愛顧よろしくお願いします。




Posted by Tabbycat at 2006年03月05日 16:09
昨日、初めて拝見させていただきほとんどを読破した大学3年生のtoeic受験者予定者です。

ブログを読んでて今月のtoeicテストに対してのやる気度がかなりあがりました。どうもありがとうございます。

一つ質問なのですが過去のブログのなかで「自分は対した学歴を持っていない」とおっしゃっていましたが実際大学の難易度というのはどれほどだったのですか?
 かなり失礼な質問で恐縮なのですが、自分は難関大学の学生ではないのでこれから勉強していくなかでtabbycatさんみたいになることも出来るんだと思いながら勉強をしていきたいというふうに目標が欲しいのです。抽象的でもよいので教えていただくと大変うれしいです。
 それでは更新お待ちしております。
Posted by Usuke at 2006年03月08日 00:17
ロンドンからはじめまして!
ランキングからやってきました。
つ、つ、続きが気になりますーーー!
シャドーイング、私もBBCを見ながら
やってみましたが、頭と耳と口が。。。
ちょっと脳みそ使いますね、これ。。。
ほんと、英語強化になりそうですね。
また立ち寄らせていただきます♪
Posted by ロタ at 2006年03月08日 22:38
Usuke様
コメント有難うございあす。
まとまってない長いブログにもかかわらずお読みいただきありがとうございます。

私の日本での大学の難易度ですが、偏差値50後半の地方国立大学です。

TOEICやMBAでは卒業大学のランクよりも、大学に入り卒業した後の勉強と経験が重要です。

お役に立ちましたでしょうか?

Usuke様もこれからの勉強を頑張ってください!
Posted by Tabbycat=>Usuke様 at 2006年03月11日 10:05
ロタ様

コメントありがとうございます!
ブログを楽しみにしていただきありがとうございます。
生のBBCを見ながらの即興シャドーイングをされたのでしょうか?それはかなり難しそうですね。
そのような挑戦を試みるあたり、かなりの上級者とお見受けします。

私はAFN教材を使って繰り返しシャドーイングしていますが、生AFNでは全然無理です。

ブログとサイトがロタ様の参考になりましたら幸いです。

Posted by Tabbycat=>ロタ様 at 2006年03月11日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック