2010年04月22日

MBAは役に立たない?

MBAの是非について、非常に共感できるブログ記事を読んだので紹介します。

MITにMBA留学中のLilacさんの今、米国MBAに行く意味はどれだけあるのかです。

是非オリジナル記事を読んでほしいですが、Lilacさんの「MBA留学自体の価値」に関する主張は:

・米国MBAに来ただけでは意味はない。なぜなら、
 - 今ではMBAで学ぶことは他の手段でも学ぶことができる
 - 帰国子女の増加や交換留学の普及により、「2年間の海外経験」の価値が低下した
 - 以上のように付加価値がない割に米国MBA留学はコストが高い

というものです。

Lilacさんがこう考えるに至った背景は、私にも何となくわかります。

私も留学中に「MBAに来るだけなら大した意味ないな」と感じました。

なぜなら、周囲の日本人留学生が、日本人グループだけで行動し、日本人だけでつるんでゴルフに興じ、MBAの授業や課題も日本人同士での協力でなんとか乗り切ってしまっていたからです。

正直言って、そこそこ頭の良い日本人が数人集まれば、MBAの授業や課題やテストは、英語力がそれほどなくてもクリアできてしまいます。

こうして、米国MBAの中に日本と同じ心地よい環境を作って安住してきた学生は、英語力やその他能力も大して向上させずにMBAを卒業してしまいます。

このような、「MBA持ってるらしいけどなんか大したことないな」という人は日本に多く生息しています。

せっかくMBAに来たのに、このように何の成果も出さずに卒業するのはもったいない話です。

Lilacさんは記事の中で、

「それでも私は、やる気がある人は、MBAに来ることを強くオススメする。」

と述べています。

私も同意見です。MBAの授業をこなすだけでなく、もう一つ明確な目標を持ってMBAに行けば、日本ではできないことが達成できるはずです。

よろしければ、応援クリックお願いします。
ブログランキング
にほんブログ村


タグ:MBA キャリア
posted by Tabbycat at 08:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Tabbycatさん、TOEIC935点取って以来TOEIC受けてないんですか?

ずっと前にTabbycatさんのブログ読んで「TOEIC935点取ってすごいなー」なんて思ってた自分は去年950点取りましたし、他の点数が低かった人達もどんどん点数が上がってきています。

Tabbycatさんは、私らなんかよりも教養があってブログの文章も翻訳も上手いんだから、TOEIC受ければ935点よりも点が取れそうな気がするんですが・・・。
Posted by 匿名 at 2010年04月24日 10:34
匿名様

コメントありがとうございます。

TOEIC950点おめでとうございます!

私はTOEIC935点を取って以来、TOEICは受けていません。

TOEICとは別の方向の英語力向上(スピーキングとか「コミュニケーション能力」全般)に注力していまして、TOEICは卒業(中退?)しています。

このブログもTOEICや英語試験に限らず、英語力全般についての話や、英語ができるようになると世界や人生がどのように開けていくかを書いていきたいと思います。

今TOEICを受けたとして、900点いくかどうか・・・。TOEICに要求される反射神経を鍛えなおす必要があるかもです。

Posted by TabbyCat=>匿名様 at 2010年05月09日 06:54
>TOEIC950点おめでとうございます!

ありがとうございます!

>TOEICとは別の方向の英語力向上(スピーキングとか「コミュニケーション能力」全般)に注力していまして、TOEICは卒業(中退?)しています。

そうだったんですかー。TOEICは中退ですか。確かに、TOEICで990点取るよりもコミュニケーション能力向上のほうがずっと実用的だし、自分にも他の人にも役に立てますもんねぇ。いい点数を取って一人喜んでいるよりは、実際に人の役に立てるよう、目立たないけど地道に努力するほうがよっぽど大事ですよね。なかなか難しいです。

>今TOEICを受けたとして、900点いくかどうか・・・。TOEICに要求される反射神経を鍛えなおす必要があるかもです。

ずばり反射神経のテストですね。大学の先生か誰かが、「TOEICは簡単な問題を素早く解くテストで、時間さえたっぷり与えられれば結構いい点数が取れる」って言っていました。
Posted by Believer at 2010年05月09日 09:35
日本の最大の弱点は、国民が生活レベルで外からの視点を持ちにくいということ。このことが、今自国の政治レベルを、国民が客観的に評価する能力を低下させている最大の原因であると考えます。また、いかに、情報技術が発展しようとも、日本人の国際労働スキルは、欧米先進国(日本以外の先進国は欧米しかない事実)では極端に低い現実。今後は、この状況は、真剣に考えないと、日本人は狭い国土で窒息・餓死してしまうのではと考えます。MBAに限らず、日本人は海外での生活スキルを身につけることは急務であると考えます。
Posted by ヒゲ at 2011年06月26日 15:06
ヒゲ様

コメントありがとうございます。

日本は日本人にとってとても快適な社会である、というのが、日本人が外に出て行かない原因の一つだと思います。

MBA留学などによって、海外に出た日本人が、そこに日本人社会を作り安住してしまうのも、日本人社会の心地よさのためでしょう。

日本社会の心地よさが、日本人をゆでガエルにしてしまうのではないか、という心配は、私も感じているところです。

Posted by TabbyCat=>ヒゲ様 at 2011年07月13日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。