2010年06月26日

モチベーションを維持する20の方法―その3

この記事は、Zenhabitsの"Motivation Hack #3: Create a friendly, mutually-supportive competition."を和訳したものです。

Motivation Hack #3: Create a friendly, mutually-supportive competition.
モチベーションを維持する方法その3:協力し競争する仲間を作る


We are all competitive in nature, at least a little. Some more than others. Take advantage of this part of our human nature by using it to fuel your goals.
人間は生まれつき競争心を持っているものです。人間が持つこの性質を目標達成のために活用しましょう。

人気ブログランキングへ

How to do this? If you have a workout partner or goal buddy, you’ve got all you need for a friendly competition. See who can log more miles, or save more dollars, each week or month. See who can do more pushups or pullups. See who can lose the most weight or have the best abs or lose the most inches on their waist.
ではどのようにすればよいでしょうか?あなたに目標を共有し一緒に取り組む仲間いるなら、競争の準備は整っています。競争仲間のうち、誰がより長い距離を走れるか、誰がより多く貯蓄できる人、誰が腕立て伏せや懸垂をより多くできるか、誰が最も体重を落とせるか、腹筋をつけることができるか、ウェストのサイズを落とすことができるかを競いましょう。

Now, I understand that such a contest might not be fair if you are of different capacities. Your SO might run faster than you, or be much more experienced. Then set different goals, or weight your performances. You might try losing a certain percentage of your weight or waist, or increasing a certain percentage of your mileage or savings. You might see who can save a certain percentage of your income. Or give the weaker competitor a head start ― and let the other try to catch up. The key is that if the competition is too unbalanced, you have to adjust it somehow so that it’s a lot closer, otherwise neither competitor will be motivated much.
このようなコンテストは、能力の違う同士だと公平な競争にならないかもしれません。その場合はそれぞれ異なる目標を設定したり、ハンディキャップをつけたりして調整しましょう。または、体重を何%減らしたか、ウェストのサイズを何%減らしたか、走れる距離を何%増やしたか、貯蓄を何%増やしたか、というようにパーセンテージで測って競いましょう。重要なのは、競争があまりに不公平な場合には、調整することです。そうしないと、競争がしらけてしまってモチベーションを上げるという目的を達成できません。

Set up a challenge, where each person publicly challenges himself/herself, and tries to meet that challenge. Each person’s challenge will be different, but the competition is to see who can reach their challenge.
各人で達成するのが少し難しいくらいの高い目標を設定して競争仲間で共有し、高い目標の達成を目指しましょう。競争仲間の間で高い目標が異なることもあるかもしれませんが、誰が高い目標を達成できるか競い合いましょう。

Why mutually-supportive? If this competition is truly friendly, you will want your friend to do well. Thus you will help him or her along, even if you are in a contest. I’ve run a half marathon while cheering on my fellow competitors … I cheered on one guy while we ran several miles together, and he did the same for me. We were running a race, but we both wanted the other to make it to the finish. It didn’t matter so much who crossed the finish line first ― as long as we both did our best, and we both finished.
なぜ相互に助け合うのか? 協調的な良い雰囲気で競争すれば、競争仲間にも目標を達成してほしいという気持ちが芽生えるものです。そして、競争相手であっても助け合いが生れます。私はハーフマラソンを走った時、仲間と助け合いながら走りました。最初の数キロは私が友人を励ましながら走りました。その後は、私は友人から励まされながら走りました。お互いはレースの競争相手同士だったのですが、私たちはお互いに、相手にも完走してほしいと思ったのです。どちらが先にゴールしたかは問題ではありませんでした。二人とも自分のベストを尽くし、二人とも完走したのですから。

Another tip: compete with yourself. If you’re logging in your goal, such as workouts, then you can compete with yourself from week to week. This can be a lot of fun too.
もう一つのヒント:自分自身と競争する。 運動などの目標を設定したら、一週間前の自分と競争することのも良いアイデアです。こうするととても楽しく取り組めます。

人気ブログランキングへ

(お知らせ)
Zenhabitsの日本語訳記事だけを閲覧しやすく整理した新ブログを立ち上げました。
↓↓
「禅」的生活

こちらも是非ご愛顧ください。

関連記事:「モチベーションを維持する方法」シリーズ

その1:ポジティブに考える。ネガティブに考えない。
その2:目標を世間に公表する。完全に目標達成にコミットする。
その3:協力し競争する仲間を作る
その4:目標達成状況記録を毎日つける
その5:毎日最低5-10分、ゴールを明確にイメージする。
その6:2日連続してさぼらない
その7:自分の衝動を自覚し対策を用意しておく
その8:強力な理由を持ち、紙に書き出す。
その9:コーチをつける又はクラスを受講する
その10:毎日刺激を受ける
その11:頻繁に自分を褒める
その12:目標を細分化する
その13:時間をかける。あせらない。
その14:楽しむ
その15:とにかく始める。
その16:同じ目標を持つ仲間を作る。
その17:目標達成時の絵や写真を、机や冷蔵庫など、よく目につく場所に貼る
その18:グループに参加する
その19:少しから始める
その20:進捗状況をチャート化する

 
posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目標を設定し、達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック