2010年06月29日

モチベーションを維持する20の方法―その4

この記事はZenhabitsの"Motivation Hack #4: Keep a daily journal of your goal."を和訳したものです。

Motivation Hack #4: Keep a daily journal of your goal.
モチベーションを維持する方法その4:目標達成状況記録を毎日つける


If you are consistent about keeping a journal, it can be a great
motivator. A journal should have not only what you did for the day,but your thoughts about how it went, how you felt, what mistakes you made, what you could do to improve. Looking back on this journal over time is also excellent motivation ― it helps you see your progress over time, and helps you pinpoint where you went wrong, what you’ve been doing right, where you could improve and how far you’ve come so far.
継続して記録をつけると、モチベーションの維持にとても役立ちます。その日行なったことの他、感じたこと、気づいたこと、どのようにやったか、どんな失敗をしたか、改善に向けて何ができるか、等を記録しましょう。この記録を繰り返し読むことでモチベーションを維持することができます。これまでの進捗状況や、何が上手くできなかったか、何が上手くできたか、どこを改善することができるか、これまでにどれだけのことを成し遂げてきたかを知ることができます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


To be consistent about keeping a journal, do it right after you do your goal task each day. For example, if I go for a run today, as soon as I come home and drink some water, I pull out my journal and write an entry about the run. Make it mandatory and automatic. Don’t put it off until later, otherwise you will soon be putting it off for a couple of days and then you won’t be doing it at all. Do it right away, every single time. soon it will become a habit that you won’t be able to skip.
記録をつける習慣を身に付けるため、毎日目標達成のために何かをした後すぐに記録をつけるようにしましょう。例えば、私はジョギングした後、家に帰り水を飲んだらすぐにジョギング記録をつけます。記録をつけることを義務付け、自動的に実行するようにしましょう。記録を先延ばしにしてはいけません。2、3日後まで先延ばしにしたら、結局記録しないままで終わってしまいます。毎回すぐに記録しましょう。しばらく続ければ記録をつけることが習慣となり、記録をつけずにいられなくなります。

Make keeping a journal a sensory pleasure. Invest in a really nice one, with thick, textured pages and a nice cover. One that you might find at a stationary store. Or a Moleskine journal is nice too. And get a pen that rolls nicely, so that writing with it on your textured paper will be a tactile pleasure. Enjoy your journal-writing, and you will look forward to it.
記録することが快感になるような工夫をしましょう。心地よい厚みで、ページの手触りが良く、表紙のデザインが自分好みのノートを用意しましょう。文房具店でよいものが見つかるでしょう。私はモレスキンをおすすめします。このほか、書きやすいペンを用意しましょう。質の良い紙に書きやすいペンで書き込むのは快感です。記録をつけることが楽しくなる工夫をしましょう。そうすれば記録するのが楽しみになります。

A journal helps keep you on track. It helps remind you that what you are doing is not just for today, but for all the days you’ve already journalled about it and for all the days you will journal about it in the future. It won’t take you all the way to your goal by itself, but combined with other motivation hacks, it can be a very useful tool.
記録をつけると目的を忘れずにいることができます。記録は、自分がやっていることを今日だけでなく、今までずっとやってきたのだということを思い出させてくれます。記録をつけることと他のモチベーションを維持する方法を併用すれば、モチベーションを維持する有益な方法となるでしょう。


(お知らせ)
Zenhabitsの日本語訳記事だけを閲覧しやすく整理した新ブログを立ち上げました。
↓↓
「禅」的生活

こちらも是非ご愛顧ください。
 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

関連記事:「モチベーションを維持する方法」シリーズ

その1:ポジティブに考える。ネガティブに考えない。
その2:目標を世間に公表する。完全に目標達成にコミットする。
その3:協力し競争する仲間を作る
その4:目標達成状況記録を毎日つける
その5:毎日最低5-10分、ゴールを明確にイメージする。
その6:2日連続してさぼらない
その7:自分の衝動を自覚し対策を用意しておく
その8:強力な理由を持ち、紙に書き出す。
その9:コーチをつける又はクラスを受講する
その10:毎日刺激を受ける
その11:頻繁に自分を褒める
その12:目標を細分化する
その13:時間をかける。あせらない。
その14:楽しむ
その15:とにかく始める。
その16:同じ目標を持つ仲間を作る。
その17:目標達成時の絵や写真を、机や冷蔵庫など、よく目につく場所に貼る
その18:グループに参加する
その19:少しから始める
その20:進捗状況をチャート化する



posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目標を設定し、達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。