2010年08月25日

トレーニングを続ける方法

先日、「人生に重要な8つの項目」で書いた通り、健康の維持は大切です。健康でないと、家族と楽しく暮らすことも、遊ぶことも、仕事することもできません。生まれて死ぬまで、ずっと付き合い続けていくのは身体です。身体を疎かにしてはいけません。

健康維持の方法には2つあります。適切な食生活と、適度の運動です。今回は運動について書きたいと思います。

私は、「夏までに仮面ライダー並みの腹筋を手に入れる」ことを目標にして、数ヶ月前から筋トレをしてきました。残念ながら、いまだ仮面ライダーにはほど遠いのですが、筋トレを習慣化することには成功しました。あとはこの習慣を続けていれば、だんだんと仮面ライダーに近づくのは時間の問題です。たぶん。

今回は、私がどうやってトレーニングを習慣化することができたかを紹介します。ここでは私の筋トレのケースを紹介していますが、このトレーニングを続ける方法は、ジョギングや勉強などにも応用できます。


1日のトレーニング量を少なめにする。トレーニングを始めた頃は、欲張ってたくさんのトレーニングをしたくなるものですが、クタクタになるほどのトレーニングをしてしまうと、だんだんと続かなくなってしまいます。ちょっと物足りないくらいの量に抑えた方が、筋トレが長続きします。

私は、腹筋、腕立て伏せ、背筋を60回ずつを日課にしています。本当はそれぞれ100回くらいはしたいのですが(「筋トレ100回」は男のロマンです)、6割に抑えています。慣れてきたら少しずつ回数を増やす予定です。


同じ場所でトレーニングする。私たちは(一部の人を除いて)、毎日決まった場所で寝ます。毎朝決まった場所で顔を洗い歯を磨いています。毎日決まった場所でお風呂に入っています。これらは、場所を固定していて、「どこでやろうかな」などと考える必要がないからこそ、完全に習慣化されているのです。

トレーニングを習慣化するには、トレーニングする場所を決めてしまうのが効果的です。最も良いのは自宅です。思い立ったらその瞬間トレーニングすることができます。時間もかからずお金もかかりません。ジョギングの場合は、自宅をスタート地点かつゴールにしましょう。ジョギングのためだけに電車に乗ってスポーツジムや皇居まで行く必要はありません。


私の経験では、スポーツジムに行くのを習慣化するのはかなり大変です。トレーニングすると決心して、着替えをバッグに詰め、スポーツクラブまで行き、着替えてトレーニング器具の順番が来るのを待って、、という間には、挫折する要素が満載です。着替えの準備をするのは面倒くさいし、スポーツジムに行くまでの街中は誘惑で満ち溢れてるし、トレーニング器具がふさがっていたらやる気をなくす、、、といった具合です。


同じ時間にトレーニングする。トレーニングする場所を固定したら、時間も固定してしまいましょう。私は朝食の前にトレーニングを済ませてしまいます。朝一番にやってしまうのをおすすめします。

朝の支度をして家をでる時間までに余裕があったらトレーニングをすると決めても、時間がなくなってトレーニングをせずに家を出ることになりがちです。夜トレーニングをしようとしても、帰りが遅くなったり、飲み会があったりするとその日はトレーニングできません。このように、トレーニングする時間を遅くすればするほど、計画通りにいかなくなります。朝一番は最も邪魔が入らない時間帯です。朝一番にトレーニングをしてしまいましょう。


トレーニング記録をつける。南アフリカ・ワールドカップで大活躍した本田選手は、小学校のときからずっと練習内容や何を食べたか、試合で得た敵チームの情報等をノートに記録してるそうです。今でも記録を続けていて、ノートは100冊以上になったとか。

私はテキストファイルに日誌を書き、Gmailの自分宛てアドレスに送っています。この日誌の中に、「腹筋60回、腕立て伏せ60回、背筋60回」と記録しています。以前英語学習に熱中していた時は、英語学習記録をノートに毎日記録していました(詳しくは「英語学習を続けるための8つの習慣」を参照してください)。


減量を目標にしない
減量やシェイプ・アップのために、運動をはじめる人が多いと思います。しかし、トレーニングを続けていても、体重が常に下がり続けるわけではありません。ジョギングを始めた当初は体重が面白いように落ちていきますが、その後いくら走ってもなかなか体重が落ちない時期が必ず来ます。減量を目標にするのが良くないのは、これが理由です。

減量を目標にした場合、せっかく毎日運動したとしても、目標を達成できないフラストレーションがたまってしまうのです。

では、何を目標にすればよいでしょうか。一番よいのは、トレーニングの実践自体を目標にすることです。体重が増えようが減ろうが、きちんと毎日トレーニングを続けることができたら、それで良しとするのです。毎日トレーニングを続けていれば、短期的にはブレがあっても、長期的には体重や体形は必ず良い方向に変わっていきます。


家族や友人に宣言する
これからトレーニングを続けることを家族や友人に宣言しましょう。私は妻に宣言しました。毎朝家でトレーニングをしているので、宣言通り実行しているかは妻には一目瞭然です。夫としての威厳を保つためには、宣言した通り毎朝トレーニングしなければなりません。これはかなり効果的です。自分との約束を破るのは簡単ですが、他の人との約束を破るのは嫌なものです。大切な人の信頼を失いたくないからです。


トレーニングできない日があっても気にしない
毎日トレーニングすると決心しても、どうしてもできない日があります。飲み会で遅くなった翌朝や、朝一番にアクシデントが発生してしまった時などです。このような時は仕方がありません。「そんな日もあるさ!」と考え、気にしないようにしましょう。

ただ、できることなら2日連続では休まないようにしましょう。連続で休めば休むほど、トレーニングに復帰するのが難しくなります。

関連記事:
エクササイズを続ける方法(Zenhabits和訳)
お腹を平らにするためのレシピ(Zenhabits和訳)
健康でスリムになる方法:その2―エクササイズ編―(Zenhabits和訳)
健康でスリムになる方法:その1―食事編―(Zenhabits和訳)
英語学習を続けるための8つの習慣
ダイエット15の秘訣(Zenhabits和訳)

是非、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 人気ブログランキングへ



posted by Tabbycat at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康を保つ・身体を鍛える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。