2010年09月01日

手ぶらの生活のすすめ

※2016年時点の手ぶら生活の内容を「手ぶら生活のすすめ2016」に書いています。こちらも是非ご参照ください。

私は以前、鞄にたくさんの物を詰め込んで通勤していましたが、今は持ち物を減らしています。

佐藤可士和氏の「佐藤可士和の超整理術」の中で、佐藤氏はカード入れ(中は、紙幣、クレジットカード、社員証兼カードキー)、コイン入れ、携帯電話だけをポケットに入れ、完全な手ぶらスタイルで過ごしている、という記述を読んだのがきっかけです。
 
 私が現在通勤時に持ち歩いているものは以下の物です。

 ・財布
 ・携帯電話
 ・情報カード
 ・ボールペン
 ・ノートPCと通信カード
 ・本一冊

財布と携帯電話はズボンのポケットに入れています。情報カードとボールペンはワイシャツの胸ポケットに入れています。ノートPC・通信カードと本は、小さなカバンに入れています。

財布には、次の物を入れています。

紙幣、コイン、電車用プリペイドカード1枚、クレジットカード1枚、銀行カード1枚、社員証、免許証、会社の緊急連絡網、家の鍵、会社の机の鍵、パスワード等のメモ

鍵が2つありますが、これらは財布のコイン入れにコインと一緒に入れています。

ノートPCと本さえ持たなければ正真正銘の手ぶら状態、という所まできました。


以前はこれらの他に、大きめのカバンに手帳、雑記用ノート、暗記事項・重要事項をメモしたノート、ICレコーダ、ボールペン数本、そしていつ入れたか思い出せないような書類をそのまま入れっぱなしにしていました。さらに本を2、3冊持ち歩いていたため、カバンはかなり重くなっていました。

持ち物のスリム化は一気にやったのではなく、以下のステップを踏みながら、少しずつ進めました。

手帳を手放す
まず、手帳を手放したのが大きな決断でした。私は学生時代から手帳に凝っていました。巷で流行した手帳は一通り試したと言ってよいでしょう。私の手帳遍歴は以下の記事を参照してください。
 手帳遍歴1:小学校〜新人社会人時代の手帳
 手帳遍歴2:本社時代・MBA留学受験時代の手帳
 手帳遍歴3:MBA留学時代の手帳:フランクリンプランナー
 手帳遍歴4:本社時代「熊谷手帳との出会い」
 手帳遍歴5:熊谷手帳
 手帳遍歴6:ミリ手帳
 手帳遍歴7:GTD


以前は手帳に以下の情報を書き込んでいました。

・スケジュール
・TODO
・日誌
・各ウェブサイト(銀行口座、証券会社口座、図書館など)等のパスワード
・長期目標、中期目標、短期目標
・その他の雑多なメモ

これら全ての情報を手帳から別の媒体へ移動させました。


スケジュール

スケジュールはすべて携帯電話のカレンダーへ移しました。

マイクロソフト・アウトルックで管理されている会社のスケジュールの日時とアポイント名だけを携帯電話に転記しておき、詳細はアウトルックで確認する体制にしました。こうしておけば、休日や会社の外にいる時でも大まかなスケジュールを携帯電話で把握することができます。

プライベートの予定も携帯電話のカレンダーで管理しています。スケジュールに関連したメモを手帳と同じように管理することができるか不安でしたが、問題ありませんでした。例えば、旅行先の旅館名や電話番号程度であれば携帯電話カレンダーのメモ欄に入力することができます。

TODO

TODOは、手帳から情報カードへ移動させました。これは何の問題もなくできました。むしろ、カバンに入れている手帳よりも、情報カードを胸ポケットに携帯する方が、いつでも取り出しやすく、便利だということに気づきました。

TODOは、GTD形式で管理しています。

日誌
仕事の業務日誌は会社PCのテキストファイル、休日などプライベートな日誌はノートPCのテキストファイルに記入しています。

各ウェブサイト(銀行口座、証券会社口座、図書館)などのパスワード
雑多なログインIDとパスワードは、以前は手帳に書いていました。
今は、これらをメモした情報カードを財布に入れています。

長期目標、中期目標、短期目標のメモ
長期、中期、短期の目標メモは、情報カードへ移動させました。これもGTD形式で管理しています。

また、目標の達成は、目標を書いた紙を毎日見ることでできるのではなく、毎日行動することで可能となる、と考えるようになりました。そこで、目標達成のための手帳術・メモ術は最低限にして、目標達成のための行動を習慣化する事に重点を置くようにしました(トレーニングを続ける方法参照)

その他の雑多なメモ
メモはすべて情報カードに書き込むようにしました。メモの要件が済めばその情報カードは破って捨ててしまいます。重要なメモはノートPCに転記して、情報カードは破って捨てます。情報カードにメモして手元に持っておきたいものはそのままにしておきます。

以上のプロセスで、手帳は不要になりました。


ノートを手放す

もともと私はノートが好きで、目的別に何冊もノートを使い分けたりしていました。しかし、通勤中に使う頻度が低い割に重たいのが気になり、ノートを使うことをやめてしまいました。

ちょっとしたメモは、情報カードで代用するようにしました。私はメモを書く量が多いほうですが、それでも50枚程度の情報カードを一日で使い切ることはありません。

私はこのブログや仕事以外にもいろいろと文章を書きます。ブログのドラフトやその他の文章をノートに書いていましたが、これらのまとまった分量の文章はノートPCで書くことにしました。

文章のストックをノートからノートPCに移した一番のメリットは、ノート何冊分の文章をかいても、ノートPCの重さは全く変わらず、ノート数百冊分の文章を簡単に持ち運べる事です。もう一つのメリットは、昔書いた文章も検索であっという間に見つかる事です。

デメリットは、起動に時間がかかるため、すぐに書き込めないことと、会社で私用PCを使うことができないことです。このデメリットに対応し、とっさに思いついたアイデアは情報カードに記入し後でノートPCに転記することにしています。

暗記事項・重要事項ノートは、過去の記事「小型ノート勉強法」で紹介したノートです。これも情報カードで代用することにしました。

雑記用ノート、暗記事項・重要事項ノートの中には永久保存版の書き込みもあります。このような書き込みはノートPCにテキストファイルで保存することにしました。


ICレコーダを手放す

以前はICレコーダを持ち歩いていました。ICレコーダー勉強法で紹介した勉強や、英語のリスニング練習、思いついたアイデアを吹き込むことに使っていました。

今は、ICレコーダを使った勉強はしていません。インプットよりもアウトプットを優先しているからです。以前ICレコーダを聴いていた時間は、アウトプットに直結した読書やアイデア出しのメモ書き等に使っています。


ここで、あらためて、現在の持ち物をリストします。

 ・財布(紙幣、コイン、電車用プリペイドカード1枚、クレジットカード1枚、銀行カード1枚、社員証、免許証、会社の緊急連絡網、家の鍵、会社の机の鍵、パスワード等のメモ)
 ・携帯電話(スケジュール管理)
 ・情報カード(TODO、長・中・短期目標、暗記・重要事項メモ、雑メモ)
 ・ボールペン
 ・ノートPC(日誌、重要なメモ、ブログドラフトやその他文章)
 ・本一冊


ポイントは、手帳とノートという紙媒体をなくし、情報カードを唯一の紙媒体とし、あとば携帯電話とノートPCという電子媒体へ情報を蓄積するようにしたことです。これにより、持ち歩く情報量を減らさず、むしろ増やしつつ、持ち歩く物の数や重さを劇的に減らすことができました。

完全な手ぶら生活を達成するにはノートPCと本を手放さなければなりません。文章を書くことが多い私にとってアウトプットツールであるノートPCと、重要なインプット源である本を手放すことは難しいですが、携帯入力端末と電子書籍の発達が進めば、いつかは完全手ぶら化も可能になるのではないかと考えています。


最後までお読みいただきありがとうございます。この記事が参考になりましたら、ブログランキングへ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 人気ブログランキングへ

016年時点の手ぶら生活の内容を「手ぶら生活のすすめ2016」に書いています。こちらも是非ご参照ください。


posted by Tabbycat at 07:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
今日の東京は涼やかですが、「夏の涼しい」のために「てぶら」というキーワードで検索していたら、扉が出てきましたのでお邪魔しました。具体的な手ぶらへの道が満載で、とても参考になりました。
断捨離のブームにもあるように、何もしないでいるとモノに取り囲まれて塗れてしまうこの頃、「持たない」「抱えない」「背負わない」というのが、次へのエンジンになりそうですね。
わたしも、スケジュールを携帯に移し、todoは頭に叩き込んで、ハンドバッグには、携帯、お財布、ハンカチ、口紅、コンパクトだけ。という生活を目指してみます。
Posted by もりやまともこ at 2011年08月22日 16:06

コメントありがとうございます。

拙ブログにお越しいただき有難うございます。どのような検索でお越しいただいたか書いていただき、とても参考になりました。

シンプルなライフスタイルをを実践されていますね。

私は荷物を増やしたい誘惑と減らしたい誘惑の間での格闘が続いています。


Posted by Tabbycat => もりやまともこ様 at 2011年09月11日 14:32
>今は、ICレコーダを使った勉強はしていません。インプットよりもアウトプットを優先しているからです。

クッソワロタ
意識高い系の真骨頂
Posted by at 2016年12月03日 19:54
まぁ”検閲”されて掲載はされないだろうけどねw
Posted by at 2016年12月03日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック