2010年09月10日

Cranking Widgets:仕事をストレスフリー化する方法(Zenhabits和訳記事)

※この記事は、Zenhabitsの"Cranking Widgets: Turn Your Work into Stress-free Productivity"を和訳したものです。

One of the great revelations that David Allen makes in Getting Things Done is his analogy of cranking widgets. In a nutshell, he talks about those simple jobs where you come to work in the morning with a pile of widgets to crank, and you leave work with a pile of nicely cranked widgets. It’s a mindless job, but there’s not much stress, and it’s satisfying, and it’s simple. And you know if you’re being productive because you are really cranking those widgets.
デビッド・アレンの著書"Getting Things Done"が素晴らしいのは、TODOリストを具体的な行動まで分解する、と提唱している所です。例えば、組み立て前の部品が積んである状態から、夕方までに全ての部品を組み立てるようなものです。組み立ては単純作業にまで細分化されており、考えずにできる仕事です。やり遂げた時には達成感を得られます。部品組み立ての進行度合いを見れば、自分が効率よく仕事をしているか一目瞭然です。
 
For most of us, it’s not that simple. We’ve got a million emails, voicemails, phone calls, documents and visitors to deal with. That’s on top of a list of projects and to-dos that can drive anyone crazy. With all of that going on, we look at our list and see an item that says, “Redesign website” or “Research market trends”. Frankly, those are not widgets that can be cranked. They are intimidating projects that might sit on the to-do list while we go check out our favorite blog (Zen Habits, most likely!).
私たちの仕事は部品の組み立てほど単純ではありません。大量のメールやボイスメール、電話、資料、訪問者が押し寄せ、これらに対処しなければなりません。プロジェクトリストやTODOリストには見ると憂鬱になるものばかり載っています。例えば、「ウェブサイトのデザインの変更」「マーケットトレンドの調査」といった物です。これらは組み立てれば良いだけの部品にはなっておらず、どう取りかかればよいか明らかになっていないために、あなたは手を付けず、つい好きなブログ(Zenhabitsなど)を見てしまったりするのです。

So what to do? Turn your work into a Cranking Widgets job.
ではどうすればよいでしょうか?あなたの仕事を組み立て部品にすればよいのです。

Here’s how:
その方法です。

* For every project that you have, select one next-action. You can make a whole list of next-actions if you want, but it’s most important to get one next-action. This is defined as the very next physical action that needs to be done to move your project forward. Let’s look at that carefully: very next means that it’s something that should be done first, instead of later, otherwise the project can’t move forward; if there are more than one of those, just choose one. Physical action means something you can do in the physical world: things like call, email, write, list, read, decide, talk to, brainstorm, buy. Things that can’t be done in one action are multiple actions, widgets that can’t be cranked.
プロジェクトについて、次の具体的な行動を一つ決める。プロジェクトのための行動を全てリストアップしてもかまいませんが、初めの行動を一つ明確にすることが大切です。プロジェクトを前進させるための「次の具体的な行動です」。「次の」とは、これを最初にしないとプロジェクトが前に進まないという意味です。最初にすべきことが複数ある場合は、一つ選びましょう。「具体的な」とは、実際の物理的な行動という意味です。電話をかける、メールを送る、書く、リストを作る、読む、決定する、話す、ブレストする、買う、などがあります。TODOリストの項目を、こういった一つの行動にまで分解しないと、あなたの仕事を部品組み立てのようにシンプルにすることはできません。

* Take a look at your to-do lists and make sure that all items are crankable widgets. Sometimes things on our to-do lists are actually multiple widgets combined into one item. Start garden, for example, might entail things like list tools needed, call mom for seedlings, go to store to buy tools, get watering can from shed, turn over dirt, etc. Redesign website might start with a next-action of surf web for inspiring examples of good design, or read article on design, or draw three design ideas, or brainstorm new website name.
TODOリストの全ての項目を、組み立て部品のレベルまで具体的なものにする。よくあるのは、複数の行動が必要なTODOを一つのTODOとして書いてしまうことです。例えば、ガーデニングを始める、というTODOアイテムは実は、必要な道具リストを作る、母親に電話して苗木をもらう、店に行って道具を買う、倉庫からじょうろを出す、土を耕す、などに分解できます。ウェブサイトのデザイン変更の場合は、良いデザインのウェブサイトを見つけて参考にする、デザイン関連の本を読む、デザインのアイデアを3つ描く、新しいウェブサイト名をブレストする、などに分解できます。

* List the widgets by the type of crank used. This is another way of saying that you should group by context. Group phone calls together. Group reading items together (in a folder). Group emails to be written together. Group websites to research together. That way, when you’re cranking out the phone calls, you have them all on one list, and can just crank, instead of searching for the widgets that need to be cranked.
必要な作業の種類で部品を分類する。言い換えると、TODOリストの項目を行動別に分類するのです。電話をかける、読む、メールを書く、ウェブで調べる、という行動で分類しましょう。こうすると、あなたが電話をかけられる状況にいるときに、電話の用事を全て一度に終わらせることができます。今できることはないかと考える必要がなくなるのです。

* Just crank. If you’ve truly broken your to-do list down to crankable widgets, there’s no more thinking involved, at least not at a higher level. All you gotta do is crank them. When you crank one, celebrate, and get going on the next. At the end of the day, you should have a nice stack of cranked widgets, and that’s pretty satisfying.
行動する。次の具体的な行動にまでTODOリストを分解したら、もう考えることはありません。行動するだけです。一つ終わったら自分を褒め、次の行動にとりかかりましょう。一日の終わりには、組み立て終わった部品で一杯になっていることでしょう。これはとても爽快です。

関連記事です。こちらも是非ご覧ください。
手帳遍歴7:GTD
私のGTD実践法(Zenhabits和訳記事)
GTDを使って目標を達成する5つの方法(Zenhabits和訳記事)
GTD人気の秘密(Zenhabits和訳記事)


最後までお読みいただきありがとうございます。この記事が参考になりましたら、ブログランキングへ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 人気ブログランキングへ



posted by Tabbycat at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生産性を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。