2010年10月21日

世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(3)

この記事は「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズの以下の記事の続きです。

世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(1)
世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(2)


GDPデフレーター

名目GDPと実質GDPが何かを理解できたと思います。

農家とお餅屋さんが生産量を変えず値段を2倍にしたケースでは、名目GDPが400円、実質GDPが200円でした。

名目GDPと実質GDPでは2倍の違いがあります。

この違いのことをGDPデフレーターといいます。

詳しく説明すると、GDPデフレーターは次の計算式であらわされます。
 
 
  GDPデフレーター = 名目GDP ÷ 実質GDP

農家とお餅屋さんのケースでは

  GDPデフレーター = 400円    ÷ 200円 = 2

となり、GDPデフレーターは2となります。

このGDPデフレーターが1より大きい場合は、物の値段(物価)が上がっている事を意味します。

GDPデフレーターが1より小さい場合は、物価が下がっていることを意味します。

このGDPデフレーターは、物価の動向を表すとても重要な指標です。

このGDPデフレーターは、新聞などで国内総生産(GDP)が報道される場合には、必ずといってよいほどセットで報道されます。

是非覚えておいてください。

【解説】
 GDPデフレーターについて 
----------------------------------------------------------------
GDPデフレーターとは、名目GDPから物価上昇(下落)による影響を取り除いて実質GDPを算出するための指標で、次の式であらわされる。
  GDPデフレーター = 名目GDP ÷ 実質GDP
----------------------------------------------------------------


次の記事を読む場合はこちらをクリック→世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(4)

前の記事に戻る場合はこちらをクリック→世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(2)


「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズ記事一覧へ戻る場合はこちらをクリック


最後までお読みいただきありがとうございます。この記事が参考になりましたら、ブログランキングへ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 人気ブログランキングへ



posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。