2010年10月22日

世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(4)


この記事は「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズの以下の記事の続きです。

世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(1)
世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(2)
世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(3)


GDPを分解する


ここで、ちょっと視点を変えてみましょう。

農家は50円の収入(所得)を得ました。これは餅屋さんが農家へ支払ったお金です。

餅屋さんは150円の収入(所得)を得ました。これはお客さんが餅屋さんへ支払ったお金200円から50円の米代を引いた残りです。

このように、「誰かが得たお金」は、必ず「誰かが支払ったお金」なのです。

ということは、国内総生産(GDP)は、「国内の人々の収入の合計金額」であると同時に、「国内の人々の支出の合計金額」でもあるわけです。

そして実際には、国内総生産(GDP)は、この「支出の合計」という観点から見ることが一般的なのです。

ではここで、国内総生産(GDP)を支出の観点から分解してみましょう。
 
 
国内で、お金を支出するのは、「人(個人)」と「企業(民間)」と「政府」の3つに大きく分けることができます。

そして、日本経済は日本国内だけで回っているのではなく、外国との輸出や輸入もしていますので、これらも含める必要があります。

具体的には、日本が外国に物を輸出し外国が日本に支払ってくれたお金の金額から、日本が外国から物を輸入しお金を外国に支払った金額を差し引いた金額(「純輸出」といいます。)をGDPに含めます。

輸出金額が輸入金額よりも多ければ、外国はトータルで日本に対しお金を支出してくれたことになりますので、純輸出はプラスとなり、GDPにプラスされます。

逆に、輸出金額が輸入金額よりも少なければ、トータルでは日本から外国にお金が出て行ったことになりますので、純輸出はマイナスとなり、GDPから引かれることになります。


以上をまとめると、支出の観点から見た国内総生産(GDP)は次のように分解できます。

  国内総生産(GDP) = 個人消費 + 民間投資 + 政府支出 + 純輸出(輸出 − 輸入)

この式は、日本や世界の経済を知る上でとても重要ですので、しっかりと覚えておいてください。

【解説】
 国内総生産(GDP)の分解式について
----------------------------------------------------------------
国内総生産(GDP)は、個人、企業、政府、外国の支出の合計であり、次の式で表すことができる。
  国内総生産(GDP) = 個人消費 + 民間投資 + 政府支出 + 純輸出(輸出 − 輸入)
----------------------------------------------------------------



次の記事を読む場合はこちらをクリック→世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(5)

前の記事に戻る場合はこちらをクリック→世界一わかりやすい国内総生産(GDP)の解説(3)

「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズ記事一覧へ戻る場合はこちらをクリック


最後までお読みいただきありがとうございます。この記事が参考になりましたら、ブログランキングへ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい歳ですが、いつまでたっても理解できません。
支出の観点から見た国内総生産(GDP)に、なぜ”純輸出(輸出 − 輸入)”が絡んでくるのでしょうか?
生産面からみたら、そうなのかな?という気もしますが・・・。
バカな質問ですいません。

Posted by at 2012年12月13日 12:12
コメントありがとうございます!

純輸出とは、外国の人が日本のために支出してくれたお金、ということです。

輸出というと、日本が物を作って外国に売ったということで、生産面のような感じがしますが、日本にとっての売上は外国にとっての支出なわけで、支出面のGDPの一項目となります。

この回答がご参考になりましたら幸いです。
Posted by Tabby cat at 2012年12月19日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック