2010年10月24日

日本銀行の役割(1)


この記事は「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズです。


日本銀行は、日本経済の安定のために非常に重要な役割を担っています。

日経新聞や経済ニュースには、頻繁に「日本銀行」という言葉が出てきます。新聞に日本銀行についての記事が出たということは、日本銀行がなにか重要なことをコメントしたり実行したりしたということなのですが、日本銀行が関連する記事は小難しくなりがちです。

そこで、日本銀行とは何をしている所なのかを説明します。この記事を読めば、これからは日本銀行が登場する経済ニュースを100%理解できるようになるでしょう。


日本銀行の3つの役割

三菱東京UFJ銀行や、三井住友銀行、みずほ銀行のような、私たちがお金を預金している銀行は、「民間銀行」とよんだり、「市中銀行」とよんだりします。

一方、日本銀行は、民間銀行ではなく、「中央銀行」とよばれます。私たちは日本銀行にお金を預金したりすることはできません。日本のどこにいっても、日本銀行ATMはありません。

日本銀行は、私たちが使うための銀行ではないのです。

それでは、日本銀行は誰のための銀行なのでしょうか。誰が日本銀行にお金を預けているのでしょうか。
 
 
答えは、「政府」と「民間銀行」です。政府と民間銀行は、日本銀行にお金を預けています。

政府は、国民や企業から集めた税金や、国債を発行することで集めたお金を、日本銀行に預けています。このように、日本銀行は「政府の銀行」という役割を担っています。

民間銀行も、日本銀行にお金を預けています。また、民間銀行が日本銀行にお金を借りることもあります。そのため、日本銀行には「銀行の銀行」という役割もあります。

なぜ、民間銀行が日本銀行からお金を借りたりするのでしょうか。まず、民間銀行がどんな商売をやっているのか説明します。


民間銀行の商売

私たちが民間銀行にお金を預金したとき、民間銀行はそのお金を全部銀行の中に保管しているわけではありません。

預かったお金を企業に貸したりしてお金を増やしています。そうしないと私たちに預金の利子を払うことができません。

2010年10月現在の定期預金金利は0.2%くらいです。私たちが金利0.2%で1億円を銀行に預けたとしましょう。銀行はそのお金を0.2%以上の金利で企業に貸します。例えば1.2%で1億円を企業に貸したとします。

すると、企業が1年間で銀行に支払う金利は

1億円×1.2% = 120万円

になります。

一方、私たちが銀行から受け取る金利は

1億円×0.2% = 20万円

です。

120万円から20万円を引いた100万円が銀行の儲けになります。

このように預金と貸付金の「金利差」から、銀行は収益を得ているのです。銀行は私たちから預かったお金を全部銀行の中に保管しているのではなく、企業などに貸し付けていて、手元にはそれほどお金は残っていません。


なぜ民間銀行が日本銀行からお金を借りるのか

ここで、金融不安が起こり、「銀行が倒産するかもしれない」といううわさが流れたとします。すると、私たちは銀行に殺到して自分の預金を全部引き出そうとするでしょう。これを「取り付け騒ぎ」と言います。

「取り付け騒ぎ」が起きてしまうと、経営に何の問題も銀行でさえ、お金を準備できなくなってしまいます。預金を引き出す人が増えたからといって、お金を貸している企業に「急に預金を返さないといけなくなったから、貸したお金を今すぐ返してくれ!」とは言えないからです。

内部で持っているお金が底を尽きそうになった銀行は、どこからかお金を一時的に借りてきて、預金者にお金を返す必要があります。

このような時、民間銀行は他の民間銀行からお金を借ります。民間銀行の間でのお金の貸し借りは普段からよく行われています。

しかし、金融不安のせいで民間銀行がお互いを信用できなくなってしまった場合には、民間銀行は他の民間銀行からお金を借りることができません。

このような時に頼りになるのが日本銀行です。民間銀行は他の民間銀行からお金を借りることができない場合でも、日本銀行からお金を借りることができるのです。

そのため、日本銀行は「最後の貸し手」とも呼ばれます。

これで、なぜ日本銀行が民間銀行にお金を貸すのか理解できたことと思います。


日本銀行の役割3:発券銀行

日本銀行の3つめの役割を説明します。それは「紙幣の発行」です。

日本円の紙幣を良く見ると、そこには「日本銀行券」と書いてあります。

紙幣とは、日本銀行が発行している券なのです。


以上が日本銀行の役割です。日本銀行はこれらの役割を通して、お金や金融システムを管理し、景気や物価を安定させます。


次の記事を読む場合はこちらをクリック→日本銀行の役割(2)

「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズ記事一覧へ戻る場合はこちらをクリック


最後までお読みいただきありがとうございます。この記事が参考になりましたら、ブログランキングへ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 人気ブログランキングへ



posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
丁寧な解説、有難うございます。
でも、判らないことは、「日銀は何を担保にして、または何に基づいて紙幣を発行するのか」ということです。
金準備があってその黄金の量に依拠して発行するわけではありません(少なくとも現在の、多くの国では)。
独立して自分の裁量で紙幣発行の量を調整しているのか、ということが判ればありがたいのですが。
Posted by 宇宙人 at 2012年04月11日 02:36
宇宙人様

コメントありがとうございます。
返信が遅れもうしわけありません!

>判らないことは、「日銀は何を担保にして、または何に基づいて紙幣を発行するのか」ということです。

これは非常に重要なポイントです。
はっきり申し上げて、金本位制が解禁された後は、紙幣を担保するものは何もありません。国に対する信用という無形財産だけが担保です。

ですので、ジャブジャブと紙幣を発行してしまうと、お金の価値がおち、ハイパーインフレーションがおきてしまいます。

かといって、紙幣発行を抑えすぎると、お金の価値が高まって物の価値が下がり、デフレーションが発生します。

この間の微妙なさじ加減をとりながら日銀は紙幣発行量を決定します。

日銀がいくらまでなら紙幣を発行しても経済が混乱しないのか?は経済学者やエコノミストの間でも意見がわかれています。たぶん誰も本当のところはわからないのだと思います。

Posted by TabbyCat=>宇宙人様 at 2012年04月25日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。