2010年10月28日

政府の経済政策について(2)


この記事は「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズの以下の記事の続きです。
政府の経済政策について(1)



前回の記事で、「好景気」と「不景気」の定義がはっきりしました。それでは、政府がどのようにして景気を調節しようとするのかを見ていきましょう。


政府の景気刺激策1:財政支出

「不景気」とは、世の中のお金がスムーズに流れない状態です。世の中のお金の流れがスムーズでなくなったとき、政府はお金をスムーズに流れるように仕向けます。

そのための方法は本質的にはとてもシンプルです。私たち個人や企業がお金を使わないためにお金が世の中を回らないのですから、政府が個人や企業に代わってお金を使い、世の中のお金を無理やり回してしまうのです。
 
 
政府が世の中のお金を回すために、政府自身がお金を使うことを「財政支出」といいます。


【解説】

 財政支出について
----------------------------------------------------------------
世の中のお金の回り方が遅く、個人や企業がお金を使わなくなった時、政府が個人や企業の代わりにお金を使うことで、景気を刺激する。これを「財政支出」という。
----------------------------------------------------------------

政府がお金を使うといっても、一体何に使うのでしょうか。

「財政支出によって景気を刺激することができる」ということを最初に主張した経済学者ケインズは、「財政支出の内容は何でもよい。政府が人を雇って穴を掘らせ、また埋めさせるだけでも景気を刺激する」と言いました。

なぜ穴を掘って埋めるだけで景気が良くなるのでしょうか。この理屈を良く見てみましょう。

政府が人を雇って穴を掘らせます。そして翌日に穴を埋めさせたとします。結局穴を掘って埋めただけで、何の意味もないように思えます。しかし実は大きな効果があります。政府は穴を掘って埋めた人に給料を支払います。これが景気を刺激するのです。

給料をもらった人は、買い物をしたりしてそのお金を使います。商品を売ったお店はお金を受け取ります。お金を受け取ったお店は従業員に給料を支払います。給料を受け取った従業員はそのお金で買い物をします。このようにして、政府が穴を掘って埋めた人に支払った給料は世の中をめぐりながら何度も何度も使われ、政府が支払った金額以上に世の中の消費になるのです。これが財政支出の効果なのです。

このように政府が財政支出をすることで、政府が支出した金額以上の消費を生み出すことを「乗数効果」といいます。


【解説】

 乗数効果について
----------------------------------------------------------------
政府が財政支出によって給料などをを支払うと、お金を受け取った人がお金を使い、そのお金を受け取った人がまたお金を使い、、、というようにして、最初に政府か支払ったお金が世の中をめぐりながら何度も使われる。このようにして最初に政府が支払った金額以上の消費が生み出されることを乗数効果という。
----------------------------------------------------------------


財政支出の使い道

実際には、政府は穴を掘って埋めさせるようなことに財政を使いません。なるべく国の利益になるような有意義なことにお金を使おうとします。

例えば、交通の不便だった場所に道路や橋を作ると、人や車の行き来が増え、経済活動が活発になります。すると、道路や橋を建設した会社にお金を支払うことによる乗数効果とは別に、その地域の経済活動が活発化することで景気を刺激する効果あります。このように効果的な財政支出は一石二鳥になるのです。


財政支出の問題点

財政支出には問題点もあります。財政支出の使い道が、国全体のためでなく、有力な政治家と強いコネクションを持つ企業や地域のために使われることがあるのです。

人や車が誰も通らないような場所に道路や橋を作って、建設会社を儲けさせたら、建設会社は儲かりますが、橋や道路は完全な無駄になってしまいます。これでは国民の税金が建設会社に回っただけになってしまいます。

財政支出は有益な事業に使えば効果も大きいのですが、一部の人の利益にしかならないような事業に使われると効果は限られます。そもそも倫理の観点から政治家はこのようなことをすべきではありません。


次の記事を読む場合はこちらをクリック→政府の経済政策について(3)

前の記事に戻る場合はこちらをクリック→政府の経済政策について(1)

「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズ記事一覧へ戻る場合はこちらをクリック


最後までお読みいただきありがとうございます。この記事が参考になりましたら、ブログランキングへ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 人気ブログランキングへ



posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。