2010年12月13日

ユビキタス・キャプチャー・GTD

この記事は、Zenhabitsのhttp://zenhabits.net/tips-for-gtds-ubiquitous-capture/の和訳です。

One of the revelations of GTD is the very simple (and in retrospect, very obvious) mandate to write everything down. Capture all your thoughts on paper (or digitally) - don’t let them float around in your head, where they will surface at inappropriate times, stress you out and be forgotten when they are needed. Have an idea? Write it down, right now, before you forget. Thought of an errand you need to do? Capture that as well. Just remembered something for your grocery list? You know what to do.
GTDが画期的なのは、全てを書き出すのを提唱していることです。自分の考えを頭の中で抱え込むのではなく、全て紙や電子媒体に書き出します。頭の中で管理しようとすると、適切でない時に思い出しストレスの元になったり、思い出すべき時に思い出せなかったりします。アイデアを思いついたら、忘れる前に、今すぐに書き出すことが大切です。外出先で済ますべきタスクがあるなら、書き出しておきます。買い物リストに加えないといけないものを思い出したら、すぐにリストに書きくわえます。

If you’re not already capturing all your thoughts or tasks immediately on paper, or in a digital system, and carrying that around with you wherever you go, I highly recommend you start today. Even if you don’t implement the entire GTD system, this one step can make a big difference. It eliminates a lot of the stress from this stuff floating around in your head, and keeps you from forgetting a WHOLE lot. Trust me.
考えやタスクを常に記録し携帯する習慣がない人には、今すぐに始めることをお勧めします。GTDの全てを実行しなくても、これだけを始めるだけで全然違います。頭の中にモヤモヤしたものを溜めこむストレスがなくなり、しかも全てを忘れずにすむのです。


Here are a few tips on ubiquitous capture, whether you already have a system or not:
既に自分なりの仕組みを作っている人もそうでない人いると思いますが、ユビキタス・キャプチャーのためのヒントをいくつか紹介します。

* Some of the more popular methods: A little notebook, a Hipster PDA, a PDA or smart phone, or a Moleskine notebook. Each of these methods has some very passionate proponents, and each has its advantages and disadvantages. I prefer a simple, small notebook, as it is cheap, portable and easily modifiable to my needs.
小型ノート、Hipster PDA、スマートフォン、モレスキンなどが、GTD実践者の間ではメジャー。それぞれには長所もあれば短所もあります。私は小型ノートを使っています。安くて、持ち運びしやすく、必要に応じて柔軟に使うことができるからです。

* Carry it around, everywhere. No matter what system you use, it should be very easy to carry around, and easy to jot down ideas quickly. You need to carry it wherever you go, including to bed, in stores, if you’re hospitalized, wherever.
いつでもどこでも持ち歩く。どのツールを使うにしても、持ち運びやすく、すばやく簡単に書き込める物にすべきです。ベッドに入っても、お店にいっても、入院しても、常に携帯しましょう。

* Jot down ideas immediately. Don’t wait until later. You’ll forget. Even if you don’t forget, your mind will waste precious CPU cycles trying to remember, instead of focusing on what you’re doing at this moment.
すぐに書き込む。後回しにしてはいけません。忘れてしまいます。忘れないにしても、覚えておくために脳を浪費することになり、今やっている事に対する集中力を失います。

* Once you get back to your computer, or wherever you keep your next-action lists, process your notes immediately. If you just write your ideas down, but don’t actually transfer them to your action system, it’s not worth the effort. The ideas and tasks you write down have to actually be acted upon, or at least decided upon (you might decide to ditch it), otherwise your system won’t work. Your mind will keep that stuff in its active RAM, because it knows that writing the stuff down won’t help you remember it later.
next actionリストに書き込む。アイデアをメモしたら、自動的に行動につなげる仕組みをつくらないと無駄になってしまいます。アイデアやTOTOアイテムは、行動や意思決定に使われなければいけません。信頼できる仕組みを作っておかないと、脳の短期記憶はそれを覚えておこうとしてしまいます。

* Don’t use your capture system as your action system. This will be a point of hot debate among GTDers, because some like to use their Moleskines and PDAs as both their capture and action systems. But let me clarify: if you use one part of the Moleskine, for example, for capture, and another part (perhaps marked with tabs) for your next-action and project lists, that’s fine. Just don’t mix them up. If you write down stuff on a list as capture, and then use that same list for your to-do list, you’ll run into problems. Things will be confusing, for one, because the list is just in order of capture. You will also not have things broken into context, which means you will be constantly sorting through different types of actions that you can’t actually act upon right now. And over time, the stuff you still need to do will be several pages up into your notes, meaning you’ll have to constantly flip back through your capture notes to find out what you need to do.
アイデア捕捉ツールと行動管理ツールを一緒にしない。これはGTD愛好者の間でも意見が分かれるところです。モレスキンやPDAをアイデア捕捉ツール兼行動管理ツールとして使う人もいます。一つのモレスキンで二つのツールとして使う場合は、アイデア補足ツールのパートと行動管理ツールのパートを分けておけば問題はありません。二つをこちゃまぜにするのはやめましょう。アイデアリストのなかにTODOリストを紛れ込ませるのは混乱の元です。また、TODOアイテムをコンテクスト別に分類することもできなくなり、今実行できないTODOも参照してしまうことになってしまいます。TODOリストが数ページにまたがり、やるべきTODOを探すために常にページをめくる羽目になってしまいます。

* Use tools you love. Some people love the texture of the Moleskine notebooks, and have a favorite pen that feels great in their hand and rolls beautifully on the paper. Others enjoy the technology of the PDA. Just choose something you enjoy using - you’ll be more likely to use it.
お気に入りの物を使う。手触りの良い好みのペンでモレスキンに書きこみ、ページをめくる感触を楽しむ人もいます。PDAのような電子機器を好む人もいます。自分の好みの道具を選びましょう。

* If you slip up, just start again. Sometimes we forget about our capture system, or get too busy. It happens to all of us. Don’t beat yourself up, or just abandon the system. It works. You just need to get started again. Perhaps try a new system, but just start.
時々アイデア補足ツールを使う事を忘れたり、忙しくて書き込めなかったりするものです。これは誰しも経験することです。自分を責めすぎたり、ツールを使うのをやめたりはしないようにしましょう。また始めれば良いだけのことです。気分転換に道具を変えて再開してみましょう。


関連記事です。こちらも是非ご覧ください。
GTDに関するZenhabits記事和訳
私のGTD実践法(Zenhabits和訳記事)
GTDを使って目標を達成する5つの方法(Zenhabits和訳記事)
GTD人気の秘密(Zenhabits和訳記事)
Cranking Widgets:仕事をストレスフリー化する方法(Zenhabits和訳記事)
生産性を上げる10の方法:その7
Zenhabitsが最も影響を受けた10人

GTDに関する当ブログ記事
GTD式TODOリストの作り方(情報カード版)
手帳遍歴7:GTD

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事が参考になりましたら、ブログランキングへ応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ



posted by Tabbycat at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生産性を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。