2010年12月27日

総務・経理部門こそ熱狂的仕事をすべき

過去記事「仕事は効率を無視した方がよい」で、トム・ピーターズ氏著「セクシープロジェクトで差をつけろ!」という書籍を紹介しました。

今回紹介する「知能販のプロになれ! 」はトム・ピーターズ氏による3部作完結編です。

この本は、総務部や経理部など、間接部門で働いている方々に、特にお勧めです。
 
総務部や経理部の仕事は、やらなければいけない事務を淡々とすすめるのが役割で、工夫して付加価値を高める余地はないと思われがちです。付加価値創出どころか、伝票の山と格闘し、締め切りまでにミスなく集計するだけで精一杯、というのが間接部門の方々の本音かもしれません。

しかし、「知能販のプロになれ! 」で、トム・ピーターズ氏は、間接部門は「会社の中の退屈な部署」というイメージを捨て、独立した「総務部株式会社」としての意識を持ち、顧客である関連部門へ興奮熱狂させるサービスを提供すべきだと主張します。

そして、そのための具体的な方法を展開します。部門のメンバーの意識の変え方・モチベーションの高め方、情熱的なチームの作り方に始まり、顧客部門を熱狂させるサービスを考え実行するための50項目のヒントが掲載されています。

トム・ピーターズの読み手を煽りまくる文章を読むと、元気が出てきて「かっこいい仕事をしてやろう!」という気持ちになってきます。

ルーティンワークで忙殺されがちな方々に是非読んでもらいたい一冊です。


最後までお読みいただきありがとうございます。この記事が参考になりましたら、ブログランキングへ応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

(関連記事)
仕事は効率を無視した方がよい


posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。