2011年01月03日

三菱鉛筆の「ジェットストリーム」

今回は地味だけど感動した話です。ものすごいボールペンと出会ってしまいました。

それは、三菱鉛筆の「ジェットストリーム」です。プロライターの上阪徹氏が「書いて生きていく プロ文章論 」で推奨されていたのきっかけに知りました。
油性インクなのに、水性インクやゲルインキのように滑らかな書き心地で、使った瞬間驚きました。

tak's blogさんが記事「究極のボールペン?(uni ジェットストリーム)」で「まるで病院の廊下をローラースケートで滑っているような、そんななめらかさです。」とおっしゃっていますが、まさにそんな感覚です。。

しかも、書いた先からインクすぐ乾きます。インクが手に着いたり、紙にかすれることがありません。

ジェットストリームは、ミーティングなど相手と話をしながら大量にメモをとらないといけない場面で威力を発揮します。ペンと紙との摩擦を感じることがほとんどないので、筆圧をかけることなくスラスラと素早くメモをとることができます。

ジェットストリームにすっかり慣れた後、以前使っていたボールペンを使ってみたのですが、あまりの書き心地の悪さに驚きました。もうジェットストリームを手放せそうにありません。


知り合いの某国人に、日本に出張に来るたび、「日本のボールペンは素晴らしい」とか言いながら、東京事務所の備品のボールペンをまとめて持って帰っていく欧州人がいるのですが(コラッ!)、彼にこのペンをあげたら感激で卒倒してしまうかもしれません。



最後までお読みいただきありがとうございます。この記事が参考になりましたら、ブログランキングへ応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


たくさんの方がジェットストリームのレビューを書いています。

 16件のアマゾン・カスタマーレビュー
 tak's blog
 MIRAI BLOG



posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生産性を高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。