2006年05月04日

MBAホルダーが語るノンネイティブへの道

☆TOEIC400からTOEIC935英検1級MBAを取得した作者の英語遍歴を公開中☆
〜いままでのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社会人3年目に同期がロンドン勤務になったことをキッカケに英語学習を決意するもすぐに飽きて勉強をやめてしまう。
そしてとうとう英語とは関係のない部署へ転勤してしまう。この転勤をきっかけに英語学習を再開した。
血のにじむ努力の結果TOEIC815を獲得。
留学生候補公募になぜか合格し留学生候補として留学受験の勉強を開始。
リスニングに苦しめられながらも、音読とシャドーイングを繰り返し、
何とかTOEFL600(CBT換算250)オーバーをゲット。TOP10MBAに合格する。
MBAでの充実した2年間はあっという間に過ぎ去り、卒業の時を迎え帰国。
帰国後もノンネイティブを目指し英語学習を継続する。
手始めに英検1級を受験し1次2次とも見事一発合格!
そしてTOEICとの最後の決戦で935点獲得!!
MBAと英語力を活かす機会の無いモンモンとした日々を送っていたある日。ヘッドハンターから連絡を受け、初めて外資系企業の面接を受ける。
相手企業に魅力を感じず辞退したものの、外資系企業でもやっていけるかもしれないという自信を持った私は転職活動を開始!
試行錯誤の末、とある外資系企業からオファーを受け取り入社!!
しかし、入社直後の海外との電話会議が聞き取れず自信喪失!
再び初心に帰り英語学習の再開を決意する!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

転職後初めての海外との電話会議で、英語が全く聞き取れなかった私は完全に自信を喪失しました。

というよりも、今まで英語力に自信を持っていた自分を恥ずかしく思いました。

そして外資系企業に居れば自然と英語力が伸びるだろうという甘い考えは捨てることにしました。

英語力が自然に伸びるのを待っていては遅すぎます。

英語力が伸びる前に、電話会議を聞き取れないことがばれたらクビです。

私はしまっていたAFNの英語教材を引っ張り出し、通勤時間にリスニングと、小さな声でのシャドーイングと音読を繰り返すことを日課にしました。

会社のミーティングには、任意参加のものはできるだけ参加してリスニングを練習し、他の人の発言から便利な英語表現を吸収するようにしました。

会議の重要な点をメモするのはもちろんですが、会議では重要なコメントでなくても、英語表現として参考になるコメントはどんどんメモしていきました。

メモした英語表現は、音読したり同じ表現を使って別の英文に言い換えてみたりしながら自分でも自在に使えるようにしていきました。

要するに、MBA留学前にNOVAに通ってた時、そして留学時代にやっていたことと同じことをまた始めたのです。




今の会社に入って1年ほど経ちますが、電話会議の英語も随分と聞き取れるようになりました。

スピーキング力もかなり向上しました。

その甲斐あってか、最近海外の本社へのトレーニー出張をさせてもらいました(そのためこの最終回の更新が遅れてしまいました)。

外資系企業では、採用して「当たり」だった社員には海外出張させたり良い思いをさせて、会社への定着を図るということをよくやるようです。その一人に選ばれたのは大変光栄なことでした。


でもまだまだです。

自分が英語の電話会議の司会進行役をできるようになり、複雑な問題を会議で解決できるようになるまでには、リスニング力、スピーキング力がもっと必要です。


私の英語力は、ノンネイティブレベルにはまだ程遠いと感じます。

私の英語学習はまだまだ続きます。

やるべきことはTOEICの学習を始めた時から変わりません。

音読とシャドーイングです。

そして英語を読み、英語を聴き、英語で考え、英語で書き、話すことです。


私が目指す「ノンネイティブへの道」はまだまだ続きます。



これまで、私の長い(まだ短い?)英語学習の軌跡を書いてきました。

そしてその長い記録が、やっと今の自分に追いつきました。

これで、過去を振り返る形での「英語奮闘記」は終わりにしたいと思います。


長い間ご愛顧ありがとうございました。




自分の経験を書くということは、私にとってとても実り多いものでした。

自分の過去を振り返り、今の自分の言葉で表現するというプロセスは、自分の未来について考えるきっかけとなりました。


また、たくさんの方々から反響をいただいたことは、私にとって大きな励みになりました。

私のサイトやブログを読んで英語学習を決意したという声をいただいた時はとても感激しました。


これからも、私が目指すノンネイティブへの道を現在進行形で書いていきたいと思います。

どんな形式にするかは決めてませんが、私の自己満足にならず、読んでいただいた方々にとっても面白くて役に立つことを書いていきたいと思います。


これからもご愛顧よろしくお願いします。





ランキング応援クリックも是非よろしくお願いします
posted by Tabbycat at 23:31 | Comment(19) | TrackBack(0) | 英語・留学格闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!英語独習者の専業主婦です。この前よーやく英検1級に合格しました。英検受験勉強に疲れた時、こちらに時々おじゃましてました。音読とシャドーイングの重要性にこちらでお墨付きを頂いたので、私も音読シャドーイングを続けたいと思います。勉強方法に自信をもって迷わずに進んでいけます。ありがとうございました。これからも更新楽しみにしてます。職場でのご成功をお祈りしてます。
Posted by mucchi at 2006年05月08日 07:54
mucchi 様
コメントありがとうございます!
英検1級合格おめでとうございます!!

独習で英検1級はすばらしいですね。
音読シャドーイングで成果をだされた方が増えると私も自分の考えに自信が持てます。


コメントへの返信や更新が遅れ申し訳ないです。
これからも書いていきますので今後ともご愛顧おねがいします!
Posted by Tabbycat=>mucchi 様 at 2006年05月24日 12:08
続編はまだですか???
Posted by rom at 2006年06月28日 21:45
どうも現在高3の受験生です。僕も去年からMBAをとりたいと思っており今は受験勉強で英語がんばってます。このブログを見てMBAをとる難しさを知る一方、やってやるぞ!!とやる気をもらいました。また何度か勉強が辛くなったら拝見させてもらおうと思っているので、外資系企業で大変かとは思いますが、ぜひ続編書いてください。期待してます。
Posted by 受験生 at 2006年06月30日 15:51
はじめまして。ブログ、一気に読みました。大変参考になりました。私も英検1級、TOEIC900目指して頑張ります。合格できたら報告のメールしますね。くじけそうになったらまたこちらのブログを読み直します。これからも英語もお仕事も頑張ってください。更新楽しみにしてます。
Posted by amy at 2006年07月13日 20:18
もう戻ってこないみたいですね。
外資系でうまくいってないのでしょうか?
Posted by rom at 2006年08月05日 14:59
皆様、

更新を滞らせ申し訳ありません。

仕事で正念場を迎えており、仕事以外のこと全てが出来ない状態が続いていました。

全く更新していない時期にもご訪問いただいている方々には大変感謝しております。

近況報告を含め近日中に更新します。

どうか今後とも宜しくお願いします。

Tabbycat拝
Posted by Tabbycat=>皆様 at 2006年08月06日 07:43
更新はゆっくりでも良いと思いますよ。
既にこのブログは「英語勉強の道しるべ」として十分な価値があります。

でも、たまには近況&その後の英語ブラッシュアップについてもお伺いしたいな〜と思います。

気長に気長に。ということで、更新をのんびりと楽しみに待っています。

PS
このブログに励まされてMBA受験を乗り切った当方も既に米国で学生生活に突入しております。
英語は正直ホントにキツイです・・・が、頑張っていきます!
Posted by まじん at 2006年08月06日 08:15
全て読みました。
感激しました。
Posted by きょぬー at 2011年07月12日 02:46
はじめまして。
最初から最後まで、一気に読ませていただきました。
私は英語の会議通訳者を目指し、勉強を続けているものです。
継続する事の大変さ、難しさ、そして
継続した者だけが勝ち取れるラッキーと幸せを、
このブログを読んで思い知らされました。
夢中になるって素晴らしい事ですね!
Tabby catさんを見習って、絶対夢を叶えてみせます!
貴重な体験を教えていただき、感謝です。
本当にありがとうございます!
Posted by Joey at 2011年12月02日 13:31
Joey 様

コメントありがとうございます!

継続していれば結果はついてきます。

運がめぐってくるまで継続していれば、いつか運がめぐってきます。これが、私が英語学習を通して学んだことでした。

Joey様に伝えることができたようでとてもうれしいです。

Joey様の大願成就をお祈りしています!
Posted by TabbyCat=>Joey 様 at 2011年12月06日 23:03
昨日、このホームページを偶然にみつけて「英語・留学格闘記」編を一気に読ませて頂きました。私も今の状況を何とか変えたいと思い、その一つの方法として英語も特にこの半年やり続けています。それが何かのきっかけになる可能性を信じながら。
記事を読ませて頂き、途中から自分の色んなことに姿を重ね合わせ、一喜一憂致しました。勇気をもらいました。ありがとうございました。
Posted by in-30s at 2012年10月21日 20:39
in-30sさま

コメントありがとうございます!

長い連続記事をお読みいただきとても嬉しいです。

英語学習されておられるとのこと。頑張ってください!
人生を変えようと努力を続けていれば、必ず転機が訪れます。それまで諦めなければ良いだけです。

お互い頑張りましょう!
Posted by Tabby cat at 2012年10月23日 11:49
全て読みました。

ご自身の体験を惜しみなく書いていただいて、英語勉強中の僕には大変な励みになりました。

人のブログにコメントなんて書いたことないのですが、どうしても一言書きたくなりました。

ありがとうございます。
Posted by ふね at 2013年02月08日 14:15
ふね様、

コメントありがとうございます!
長い連載記事をお読みいただきありがとうございます!
拙ブログが何がしかの励みや参考になりましたら幸いです。

ふね様の英語学習成就をお祈りしています!

私も未だに音読など英語学習を継続中です、お互い頑張りましょう!
Posted by Tabby cat=>ふね様 at 2013年02月12日 22:55
突然失礼します。私も外資系企業に勤めており、毎週のように海外の上司や担当者と電話会議があります。こちらの記事を拝見し、自分も「聞こえた振り」をしてしまった苦い経験があるため、どうしても素通りができず、コメントさせていただきました。
私もTOEICでは上級者と呼ばれるレベルのスコアを保持していますが、ビジネスの場での英語には本当に日々打ちのめされます。電話会議では、少なくとも私の経験では、いわゆる一般的な英語教材のようなクリアな英語を話す方はいません。しかも、私が参加する電話会議では、ヨーロッパやアメリカだけでなく、インドや中国、またスペイン語圏など多種多様な国の方が話す英語が入り混じり、私に取って聞き取りづらい事この上ない状態です^^;
最近、また英語が原因で落ち込む事があったのですが、筆者様の記事を拝見し、落ち込んでる暇があったら今できる事をやろう、大事なのはできるかできないかじゃない、やるかやらないかだ!と思う事ができました。ありがとうございます。私も諦めずに今後も英語の勉強を継続していきたいと思います^^
Posted by 外資系勤務 at 2015年05月18日 00:10
外資系勤務様、

コメントありがとうございます!

いろんな地域なまりの英語が飛び交う電話会議は地獄ですね。

私も、BBCのポッドキャストでイギリス英語やアジア、アフリカ英語をリスニングして精進の日々を送っています。

TOEICや英検を超えた先の英語学習は終わりがありませんが、そのプロセスを楽しみたいものです!

頑張りましょう!

Posted by at 2015年05月31日 09:23
最近仕事で英語を使い始めてTOEIC900点なのに電話会議の英語が聞き取れなくて凹んでいたところ、このブログに出会い全話一気に読ませて頂きました。

記事の中にもありましたが、コメント欄に書いてる方も含めてそういう体験をしている人は結構いるという事が分かり安心しました^ ^

今勤めている会社は外資系ではありませんが、日常的に海外とやり取りがあり日々英語を使って仕事しています。「いずれは外資系で」と思っているので、外資系のリアルな仕事風景が描かれたこのブログを見て、また外資系への思いを強めました。

記事執筆は大変だったと思いますが、10年経った今でも外資系に転職した時の熱量が伝わってくる記事だと思います。とても励みになりました。ありがとうございました。
Posted by ビジネス英語奮闘中 at 2016年02月25日 00:01
ビジネス英語奮闘中様

コメントありがとうございます!

電話会議は、数をこなして慣れることと、毎日リスニングを続けることで、かなり聞き取れるようになります。

今ではiPhoneのPodcastなど、この記事を書いたころにはなかった英語素材がふんだんにあります。

電話会議を聞き取れたふりをする人が多い中、素直に凹んで反省できることは素晴らしいと思います。

お互い頑張りましょう!

Posted by Tabbycat at 2016年02月25日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック