2010年12月26日

経済予測:新興国バブルは崩壊する

今回は、世界経済の状況をごく簡単にまとめました。その結果、「新興国バブルが崩壊せざるを得ない」という予想にたどり着きました。


現在の世界的な不景気の原因は、アメリカのITバブル崩壊にさかのぼります。

ITバブル崩壊(2000年序盤)

FRB政策金利下げ(=中央銀行が景気を刺激するためにすること)

FRBの思惑通り、企業設備投資増加、個人の住宅ローンによる住宅購入増加

土地価格、株価上昇

上昇した土地価格を担保にさらに金を借り、消費を謳歌

地価は必ず上がるという「土地神話」誕生。

住宅ローン借りて家を買う動きが激化

土地バブル発生

FRBは「バブルがヤバイ」と思い始めるが、高いままの失業率や政府からの圧力のために利上げできない

貧乏人にも住宅ローンを貸し付ける動き広がる(=サブプライムローン)

「バブルはもう本当にヤバイ」とびびったFRBが、政策金利上げ(=景気を抑えるためにすること)

住宅ローン金利上昇

住宅ブーム下火に

土地価格下落

景気悪化

住宅ローンの貸し倒れ増加

サブプライムローンをパッケージした金融商品に投資した欧米金融機関に大損害発生
(この辺から問題は世界へ拡散)

ベアスターンズの救済、パリバショック、リーマンショック(2008年終盤)

景気悪化、欧米で失業率上昇

FRB,ECBなど世界の中央銀行が政策金利下げ+量的緩和(=お金をばらまき景気を刺激すること)

溢れた先進国マネーが先進国内でなく新興国へ流れる
(新興国の高金利、成長期待目当て)

新興国で株・土地バブル発生
新興国の政府は困惑、新興国の国民は大はしゃぎ

先進国は低金利政策継続(先進国の失業率は高いままなので)

新興国のバブルが膨張 ←今ココ

(ここから先はあくまでも予想です)

新興国バブル崩壊、景気悪化

新興国の政策金利低下

先進国マネーが新興国から流出

新興国の株価、地価、為替暴落

マネー流出と暴落の悪循環をしばらく繰り返す

ドル建てで発行した国債を償還できず、IMFに救済される新興国があるかも

新興国で銀行や個人の破産が増加、混乱状態がしばらく続く

新興国の為替レートが低下し輸出が回復し、新興国企業業績は回復を始める

新興国の失業率は回復せず、新興国の低金利政策は継続

新興国マネーがどこかでバブルを起こす

似たような事(中央銀行の利下げ→どこかでバブル発生→中央銀行が利上げ→バブル崩壊→中央銀行が利下げ・・・)を何度も繰り返す

(終わり)


今後の世界経済の流れは、だいたいこんな感じを繰り返すでしょう。

理論上は、中央銀行が絶妙なタイミングで利上げできれば、景気をソフトランディングできる(らしいです)。しかし、雇用は景気に遅行するため、「絶妙なタイミング」が、高い失業率が続いている最中であることが多いのです。ちょうど今現在がそうであるように。

そんな中で金利を上げると短期的には失業率がさらに上昇してしまいます。そんなことをしたら中央銀行は政府や国民から総攻撃を喰らいます。

「政府や国民からの近視眼的な批判を気にせず正しい金融政策を実行できるように、中央銀行は政府から独立している」ということになっています。しかし、実際には世界の中央銀行は政府からの牽制を受けまくりです。こんな中で正しい金融政策を正しいタイミングで実行するのは至難の業です。

というわけで、中央銀行は、景気の波を緩やかにすることはできません。それどころか景気の波を大きくしてしまいます。バブル発生と崩壊の原因の一つは中央銀行です(中央銀行は絶対に認めませんが)。

さらに今回は、先進国の金融緩和政策が、新興国でバブルを起こすという、「バブルの輸出」状態になっているのでさらに話はややこしいです。新興国バブルが崩壊した後、世界規模での責任のなすりつけ合いが行われることでしょう。

以上から、「失業率」と「中央銀行の金融政策」、「新興国のバブル」のニュースをチェックすることが、いかに大事か分かると思います。

当ブログでは新興国バブルの行く末をウォッチしていきます。

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

今回の記事に分からない所があった方は、是非以下の関連記事をご覧ください。サブプライムローンバブルの発生と崩壊についてもっと丁寧に解説しています(長いですが)。
サブプライムローン・バブルの発生と崩壊1
サブプライムローン・バブルの発生と崩壊2
サブプライムローン・バブルの発生と崩壊3
サブプライムローン・バブルの発生と崩壊4
サブプライムローン・バブルの発生と崩壊5
サブプライムローン・バブルの発生と崩壊6
サブプライムローン・バブルの発生と崩壊7

サブプライムバブルより昔のバブル発生と崩壊の歴史を以下で解説しています。こちらも是非ご覧ください。
「予備知識無しでもよく分かる経済解説」シリーズ記事一覧




posted by Tabbycat at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。