2006年05月29日

TOEIC700未満の人の学習法

ランキングに参加しています。応援クリックいただけるとうれしいです。

英語学習法TOP > TOEIC学習法目次


■はじめに

TOEIC700点未満の人をひとまとめにしていることを以外に感じる方々もいるかと思います。

とくに、TOEIC600点台後半の方にとっては、このような分類は不愉快かもしれません。

しかし、700点未満の人の弱点と対策法は共通点が多いため、一つのグループにまとめることにいたしました。

決して700点未満の人の英語力が同レベルという意味での分類ではありません。

勉強法が同じ内容と言う意味での分類であることをご理解ください。





■TOEIC700オーバーのための基本戦略


TOEIC700点未満の方には程度の違いがありますが、克服すべき弱点は似ていて以下の2点があげられます。

 ・単語力が不足している
 ・リスニングの練習量が足りない
 ・文法問題での得点力が完全ではない

このレベルの方におすすめする戦略はリスニングと文法問題に集中して学習することです。

リスニングセクションは400点くらいまでは順調に上がっていきます。あとはリーディングセクションで300点とれば700点です。

リーディングセクションで点数が上がりやすいのは文法問題です。

このパートは勉強しただけ点数が上がります。

文法問題で8割から9割取れば200点以上稼げます。

あと100点を読解問題で運も含めて何とかとれば700点達成です。

あとは基礎となる単語力をしっかりつけましょう。


これは私が700点を狙う時に考えた「700点突破イメージ」です。

多分、「これは自分のイメージと違う」と感じた方もおられると思います。

それで良いのです。

重要なのは、自分なりの「700点突破イメージ」を持つことです。

「700点取れたら良いな」ではだめです。

自分はこうやって700点を取る!という明確なイメージと明確な決意を持つことが重要です。

自分の得点は自分で考えて取る!という決意とイメージを明確に持ってください。



■単語力強化法

おすすめする単語帳は「Duo 3.0」です。

英会話上達法のページで紹介した学習法「シャドーイング」を活用して例文ごと単語・熟語を覚えていきましょう。

次の手順で勉強してください。

  @Duo 3.0のCDをMDにダビングします。

  A一文ずつトラックマークで区切ります。

  Bこの本では1文につき知らない単語の割合が非常に高いです。
   まず1文の中の単語を全部しっかり理解します。

  C1文をオートリピート機能を使って繰り返し聴きます。

   知らない単語が多くて聴くだけでは理解できない場合が多いです。

   そのときは本を見ながら聴きます。

  D聴くことに慣れて英文を覚えてきたらMDにあわせて自分でも英文を発音してみます。

  E単語の意味を覚え、英文も覚えたと思ったら次の英文へ移ります。

何日もやっていると最初の方を忘れてしまいます。

そこでMDを聴くときはまず、学習済みの部分をざっと一回聴いて復習し、
今日の1文にとりかかるようにすると記憶が定着します。

Duo 3.0をやるだけでTOEIC700取れる」と言う人もいるくらいです。

まずはこの本で基礎固めをしてください。





■リスニング力強化法

端的に言って、TOEICのリスニングスコアを上げるには、

TOEICのリスニングセクションを繰り返し聴くことが最短距離です。

理由は単純です。

TOEICリスニングセクションで流れる会話やナレーションは特殊です。

たとえば草原(grass)の上に座った少年の写真を見せられて、

「少年はガラス(glass)の上に座っている」

こんな表現は日常会話ではありえません。

こういう受験者をひっかけるための英文を聴かされるという状況になれるには、

TOEIC形式のリスニング教材で練習するしかありません。

アルクのテキストは、こういったTOEICの傾向をよく研究しています。良く出来ています。

アルクのリスニング本をやりましょう

とくにTOEICテスト速聴特訓プログラムをおすすめします。

ひっかけ問題などのパターンを数多く網羅しており、

ヒアリング力+得点力を身につけることができます。

また、教材はTOEIC模擬試験タイプの教材を使用するのも非常に有効です。

以下のものが良いです。

 TOEICテストシステム攻略〈3〉模試600問編

 TOEICテストスーパー模試600問

 TOEICテストまるごと模試600問

 TOEICテスト新模試600問

これらの教材のリスニングセクションのテープ(CD)をMDへ録音し、

本ウェブサイトで紹介しているシャドーイング、音読を繰り返し行ってください。

必ずリスニングセクション400点くらいまでは順調に上がっていきます。

リスニング400点といったらすごいですよね!

でも、ちゃんとしたやり方で学習した人は400点くらいはすぐに取れるようになっています。

絶対やってはいけないのは、いろんなリスニング教材に手を出すことです。

そんなことをやっていては、いつまでもリスニング力は上がりません。

まず、TOEICテスト速聴特訓プログラムを繰り返しリスニング、シャドーイング、音読!

音読+シャドーイングを最低でも合計100回やってください。

(シャドーイングが難しい人は音読だけ100回でもOKです!)

)リスニングは常にMDウォークマンを耳にかけた生活を送り、何百回でも聞いてください

次に、

 TOEICテストシステム攻略〈3〉模試600問編

 TOEICテストスーパー模試600問

 TOEICテストまるごと模試600問

 TOEICテスト新模試600問


これらの中から1冊を選んで、

(個人的好みでは、TOEICテストシステム攻略〈3〉模試600問編がお奨め)

また同じことを書きますが、

リスニングセクションを繰り返しリスニング、シャドーイング、音読!

音読+シャドーイングを最低でも合計100回やってください。

(シャドーイングが難しい人は音読だけ100回でもOKです!)

リスニングは常にMDウォークマンを耳にかけた生活を送り、何百回でも聞いてください


これでTOEICリスニングセクションで400点くらいは取れるようになります。

大事なのは、教材をこれと決めたら、繰り返すこと!

Over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and over and...(中略)...over again!!

く・り・か・え・す・こ・と・で・す!






■文法学習法

長本 吉斉 著「TOEIC文法 急所総攻撃」「TOEIC文法 鉄則大攻略」をやりましょう。

私が実際に使用し効果が大きかった本として推薦します。

学習の仕方は以下の手順を推薦します。

@ ざっと読む。間違った問題にしるしをつけ、ポストイットを貼る。

A知らなかった文法事項の解説にしるしをつけ、ポストイットを貼る。

Bポストイットの貼ってあるページを繰り返し読む。

これを1冊目、2冊目とも行います。

きちんとこの2冊を学習すれば文法セクションはほぼ満点を取ることができます。






■リーディング力強化法

スコア700未満の時点でこのセクションに深追いするのはやめましょう。

他のセクションに集中したほうが700点突破するのが早いです。

でも何かしないと不安!という人は、

TOEICのテクニックコーナーに書いた、リーディングセクションのコツを念頭に置きながら、

アルクのリーディング教材をやりましょう。

この本を一通り解けば、リーディングセクションでの問題パターン、ひっかけ問題の種類などを知ることができます。






ランキングに参加しています。応援クリックいただけるとうれしいです。

関連記事:
英語学習者が最初にすべきこと
シャドーイング1:シャドーイングの仕方
シャドーイング2:〜1文ずつシャドーイングすることが大事〜
シャドーイング3:シャドーイングの長所
シャドーイング4:シャドーイングとあわせてやりたい学習法
音読1:音読の仕方
音読2:シャドーイングと音読どっちがいいの?
音読3:音読だけじゃだめなの?
多聴1:「多聴」をやるべき人・やってはいけない人
多聴2:「多聴」のやり方
多聴3:「多聴」に適した教材・道具
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法
TOEFL学習法
英検1級1次試験学習法
英検1級2次試験学習法
英英電子辞書を使おう

posted by Tabbycat at 19:26 | Comment(25) | TrackBack(0) | 英語力を身につける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。NPと申します。
ブログ拝見させていただきました。

自分は現在大学生で、留学を計画しているのでTOEICではなくTOEFLを目標としています。
現在、リスニングに悩んでいたのですが少し解決できそうな気がしてきました。

実は先日、2回目のTOEFLを受けたのですが、1回目と比べてリスニングの上達が感じられませんでした(1回目はリスニング8点という結果)。それもそのはず、上記にありましたように、over and over and…の心構えで望んでいなかったからではないか、と今わかった気がします。
今後は1つの教材を徹底的に、内容がすべて暗唱できるぐらいまでにやり込もう、と決意しました!!ありがとうございました!

そこで、なにかお勧めの教材などありましたら紹介していただけると嬉しいです。
自分の状況としては、大学受験時の英語は得意教科で、センター試験くらいであれば筆記リスニングとも難なくこなせると思います。
ですが、先日のTOEFL受験の際にも感じたことですが、音と意味が一致していない(聴解速度が遅い)、また、長いリスニングができない、といった課題があります。

以上失礼しました。
Posted by NP at 2008年09月24日 12:25
NP様

コメントありがとうございます。

リスニングで定評のあるテキストとしては、「TOEFL TESTリスニング完全攻略」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4876150699/thewaytononna-22
がよいかと思います。

今はもっと新しい、よりよい本がでているかもしれませんが、この本が良いという本質はかわらないはずです。

10回20回でなく、100回200回聞くことが大事です!

継続すれば必ず成果が出ます。がんばってください!

Posted by Tabbycat at 2008年09月26日 20:50
今回初めてTOEICを受けるので、勉強法を
参考にさせていただきたいのですが、
Duo3.0のCDは基礎用でしょうか?
復習用でしょうか?
教えてください。
よろしくお願いいたします。
Posted by 黒川みなと at 2009年08月20日 21:31
黒川みなと様

コメントありがとうございます。

私がDuo3.0を使っていた時は、一種類しかCDがなく、その内容は現在の復習用と同様でした。

そのため、ご質問への回答としては、「私の使っていたCDは復習用でした」ということになります。

確認したところ、基礎用では和訳とスローペースの英語のナレーションが追加されているようです。
この内容であれば、私が過去記事「ついに英語学習の習慣を身につける」(http://mbaenglish.seesaa.net/article/12451587.html)で紹介した、スピードラーニングの活用法を応用できるかと思います。

黒川みなと様の学習スタイルに合わせて、基礎用か復習用かを検討されてはいかがでしょうか。
Posted by TabbyCat => 黒川みなと様 at 2009年08月22日 21:53
このサイトで書いてあるようにシャドーウィングなどを何度もやっています。

毎日学習時間が3時間ぐらいだとしたら何ヶ月後に結果がでるでしょうか?
Posted by aa at 2011年02月14日 17:47
aa様

毎日3時間のシャドーイングとはすごいですね!

何をもって「結果がでる」と考えるかにもよりますが、それだけやれば、1か月もしないうちにリスニング能力に進歩が実感できると思います。

英語学習がんばってください!
Posted by TabbyCat=>aa様 at 2011年02月21日 05:25
お応えありがとうございます!

一つの20秒ぐらいのやりとりの文章を3時間ちょっとかけてやるのと、20秒ぐらいの文章を3つやって3時間(つまりひとつのやりとりに掛ける時間は1時間ぐらい)ではどっちがいいですか?

自分は後者をやってるんですけど若干心配です。
Posted by aa at 2011年02月21日 16:12
aa様

コメントありがとうございます。

個人の好みにもよると思いますが、私も後者の方がよいかと思います。

20秒のやりとり一つを3時間繰り返すと、さすがに飽きてしまいそうです。

いろいろパターンを変えてみて、惰性でやっちゃわないように工夫すると効果が上がると思います。

ご参考になりましたでしょうか?

がんばってください!
Posted by TabbyCat=>aa様 at 2011年02月21日 22:22
お応えありがとうございます!

かなり参考になりました!

今後も学習過程においてわからない事があったら質問させて頂きます!
Posted by aa at 2011年02月21日 23:21
参考になってよかったです。

またご気軽にご質問ください!
Posted by TabbyCat=>aa様 at 2011年02月22日 05:54
文章を見ながらCDの音声を何回も聞いてるのにもかかわらずCDの音声がどのような発音をしているか分からないときどうすればいいでしょうか?

例えば、 hate all the dirty diapersを

ヘイトーオバーダーティーダイパーズといってるように聞こえるなど。



Posted by aa at 2011年03月20日 01:46
慌てて追記させていただきます!

よりにもよって変な文章ですみません。。

ちなみに教材は、TOEICテスト速聴特訓プログラムです。
Posted by aa at 2011年03月20日 02:51
慌てて追記させて頂きます!

よりにもよって不快な文章ですみません。。。

ちなみに教材はTOEICテスト速聴特訓プログラムです。
Posted by aa at 2011年03月20日 03:19
aaさま

>文章を見ながらCDの音声を何回も聞いてるのにもかかわらずCDの音声がどのような発音をしているか分からないときどうすればいいでしょうか?

私もこういうケースで苦労しました。
私は、
1.単語一つ一つ発音記号を調べる
2.教材の発音記号が発音記号と同じとは思えないときは、分からないなりに教材の発音を強引に真似する

という方法をとりました。

どう発音しているか分からない文章は思い切って飛ばしてしまっても良いと思います。

英語学習を積み重ねて力をつけた後、その文章に戻ってくると、すんなり聞き取れて発音できる場合があります。

ご参考になりましたでしょうか?

がんばってください!
Posted by TabbyCat=>aa様 at 2011年03月20日 21:01
かなり参考になりました!

ありがとうございます!
Posted by aa at 2011年03月20日 21:04
主さんがおっしゃていたシャドーイングの仕方でTOEICテスト速聴特訓プログラムを一周やり終えました。

2週目は、3つの違う文章を10分ごとにローテーションしていこうと思っています
(この時、一つの文章をやっていてシャドーイングできないフレーズがあったら、そこをシャードーイングできるようにして、再度その文章をシャドーイングする)のような形でやっていこうと思うのですがアドバイスお願いします!




Posted by aa at 2011年05月03日 14:55
aa様

TOEICテスト速聴特訓プログラム一周お疲れさまでした!

二週目はaa様の、3つの違う文章を10分ごとにローテーションという方法は有効だと思います。

一文だけを繰り返しシャドーイングするほか、一パラグラフをまとめてシャドーイングするなど、いろいろ試してみても良いと思います。

aa様の二週目完走をお祈りしています。

Posted by TabbyCat=>aa様 at 2011年05月06日 22:44
おこたえありがとうございます!

頑張ります^^
Posted by aa at 2011年05月08日 01:11
この7ヶ月速聴特訓プログラムをやってきましたが、わけあって英検2級〜準1ていどのリスリング力をつけなくてはいけなくなりました。2級は楽勝なのですが、準1は苦戦します。準1とTOEICのリスニングの内容の文章は内容が違ってくる(TOEICには、科学技術、動物自然、社会問題の文章がでない)ので教材を変えたほうがいいでしょうか?
これまでずっと使い込んできたので、できれば変えたくはないのですが。

また、このまま使っても、準1の科学技術、動物自然、社会問題についての文章を聞き取れる力はつきますか?
Posted by ぽんた at 2011年09月26日 19:13
コメントありがとうございます。

返事がおくれ申し訳ありません。

英検準一級に特化した教材に変えた方が、効率は上がると考えます。

英検準一級とTOEICでは、出題形式、語彙、英文の内容が異なるからです。

教材を変えると、最初は戸惑うかもしれませんが、目的が準一級と明確なのであれば、教材を変えた方がよいと思います。

以上ご参考になりましたら幸いです。
Posted by TabbyCat=>ぽんた様 at 2011年10月05日 21:45
おこたえありがとうございます!!

来年の7月後半までにその力をつけなくてはいけないのですが、今から教材を変えてそれまでに準一に対抗できる力はつくでしょうか?

また、準一のpart2を不得意としてるので準一のpart2の内容(トピックスは18こ)を7月までにシャドーイングをしていこうとおもっています。

また、シャドーイングする文章の量を考えてみたときにこれは多いでしょうか少ないでしょうか?ちなみに、1トピックスにつき10行程度です。




Posted by ぽんた at 2011年10月06日 01:52
来年の7月後半までにその力をつけなくてはいけないのですが、今から教材を変えてそれまでに準一に対抗できる力はつくでしょうか?

また、準一のpart2を不得意としてるので準一のpart2の内容(トピックスは18こ)を7月までにシャドーイングをしていこうとおもっています。

また、シャドーイングする文章の量を考えてみたときにこれは多いでしょうか少ないでしょうか?ちなみに、1トピックスにつき10行程度です。
Posted by at 2011年10月06日 03:01
ぽんた様

コメントありがとうございます。

来年の7月だったら十分すぎる時間がありますので、大丈夫です。

10行の英文は、シャドーイングする量として多すぎるということはありません。

ただ、個人差やその日の体調などにもよります。

実際にシャドーイングしてみて途中で集中力が途切れるようだったら、英文を2つに分けるなどしてはいかがでしょうか。

またご質問があったらお気軽にお問い合わせください。
Posted by TabbyCat=>ぽんた様 at 2011年10月06日 22:08
ありがとうございます!
頑張ります!
Posted by ぽんた at 2011年10月07日 22:07
はじめまして。
自分も10/30のトーイック受けて来ました!
手応えとしてはとしては「前回よりかは良いかな」という程度でした。
恐らくこの徐々に上がっていけば良いかなという弱い意志がまずいですね・・・。
何が何でも700点を突破する!という決意を持たせて頂いて有難うございます!
ぜひご紹介頂いた教材を参考にしてみます☆
Posted by もりもり at 2011年11月16日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18559964

この記事へのトラックバック