2006年05月29日

TOEIC700〜800点の人の学習法

ランキングに参加しています。応援クリックいただけるとうれしいです。




英語学習法TOP > TOEIC学習法目次

■はじめに

TOEIC700〜800の方にはリスニングセクションまたはリーディングセクションどちらかで点数を稼いでいる場合が多いかと思います。800点の壁を越えるには両方のセクションから点数を稼ぐ力が必要になります。得意なセクションの得点力を維持・向上しつつ、苦手セクションの克服がテーマとなります。
一般的イメージはリスニング430点以上、リーディング370点以上で合計800点オーバーという感じですね。

このレベルではTOEIC対策用に開発されたテキストで学習するのが効率よいようです。
ひたすらTOEIC本をしましょう。
この頃には、いわゆる「生の英語の素材」の誘惑が常につきまといます。CNN、英字新聞、TIME、News week等などです。趣味や実用目的でこれらを視聴購読するのは、英語学習としてはもちろん良いことですが、TOEIC800点台を目指すうえでの効率の良い英語学習法としてこれらを教材として選ぶのは避けたほうが良いと思われます。これらの素材を聴き・読む時とTOEICを受ける時では求められるリスニング・リーディング力が異なるからです。
TOEIC800台をめざすなら、生素材でなく英文テキスト・音声・和訳・文法事項などの解説が完備された教材を使用したほうが良いです。
生の英語素材はTOEIC800以上のレベルをつけた後で使用したほうが効果が大きいです。



■単語力

Duo 3.0をやったことがない人、やっているけど完全には覚えていない人はDuo 3.0をやりましょう。
TOEIC700から800レベルに来た人でもDUOの勉強途中という人は多いと思います。
焦って教材を次々買えずにじっくりと一つの教材を着実にマスターしていくのが近道です。
Duo 3.0を使った勉強法はこちらで紹介しています。 →TOEIC700レベルの単語力強化法

Duo 3.0をマスターした人でおすすめするのは高木 義人「TOEFL TEST対策必修単語集」です。
これをDUOと同様の手順で勉強しましょう。
@テープをMDにダビングします。
A一文ずつ区切ります。
Bこの本では1文につき知らない単語の割合が非常に高いです。まず1文の中の単語を全部しっかり理解します。
C1文をオートリピート機能を使って繰り返し聴きます。慣れたらシャドーイングもします。
 知らない単語が多くて聴くだけでは理解できない場合が多いです。そのときは本を見ながら聴きます。
D単語の意味を覚え、英文も覚えたと思ったら次の英文へ移ります。

「TOEFL TEST対策必修単語集」の単語を一通りマスターするとTOEICで知らない単語がでてくることはほとんどなくなります。普通の英文読書についても不自由することはなくなります。



■リスニングセクション

1文リスニング・シャドーイグをしましょう。教材はTOEICの模擬試験タイプの教材が良いです。以下のものが良いです。

 TOEICテストシステム攻略〈3〉模試600問編

 TOEICテストスーパー模試600問

 TOEICテストまるごと模試600問

 TOEICテスト新模試600問

また、冒頭で生の素材に手を出すな!と書きましたが、生の英語をもとに英文テキスト、和訳、単語文法の説明を載せたテキストはとても有用です。TOEIC700以上をゲットしたあなたなら、生の英語もスクリプト・和訳があればついていくことができるでしょう。
以下の教材がおすすめです。

 AFNニュースフラッシュ 2006
 AFNニュースフラッシュ 2005
 AFNニュースフラッシュ 2004
 AFNニュースフラッシュ 2003
 AFNニュースフラッシュ 2002

 VOAニュースフラッシュ 2006
 VOAニュースフラッシュ 2005
 VOAニュースフラッシュ 2004
 VOAニュースフラッシュ 2003
 VOAニュースフラッシュ 2002

TOEICのリスニングセクションが400点未満の方にはVOA、400点以上の方にはAFNをオススメします。

年度の古いやつもアマゾンやアルクに在庫はあるようですが、いつまであるか分かりませんので、
そちらから先に購入すると良いと思います。

ただし、試験直前にはTOEIC形式の英文を聞き勘を取り戻しましょう。




■リーディングセクション

Duo 3.0 などの単語帳で単語力をつけ、TOEICパーフェクトリーディングTOEIC800点シリーズなどのリーディングセクション対策問題集で練習をしましょう。

ジャパンタイムズ社説集がおすすめです。TOEICをカバーして余りある単語レベルです。英文の難易度・質も高いです。きちんとした和訳があります。
以下の方法で学習しましょう。
@ しらない単語にラインマーカーを引く下か上に意味を書く
A 文法的に入り組んでいて分かりにくいところを文章をカッコや矢印で分解しまくって理解する
B 繰り返しよむ
以上をきちんとすればTOEICの英文が簡単に感じます。

CDが別売りでありますが、これを使うかどうかは意見がわかれるところです。私はこのテキストはリーディング素材と割り切り、CDは使いませんでした。

また私はジャパンタイムズ を購読していました。毎日高品質な英語を多読することは英語中上級者には必要です。



■文法

TOEIC700未満のコーナーで紹介した長本 吉斉 著「TOEIC文法急所総攻撃」「TOEIC文法鉄則大攻略」を学習した人はこの2冊を、そうでない方は自分の学習した文法本をざっと試験前に読み返しましょう。
くれぐれも復習不足による点の取りこぼしのないように。






ランキングに参加しています。応援クリックいただけるとうれしいです。

関連記事:
英語学習者が最初にすべきこと
シャドーイング1:シャドーイングの仕方
シャドーイング2:〜1文ずつシャドーイングすることが大事〜
シャドーイング3:シャドーイングの長所
シャドーイング4:シャドーイングとあわせてやりたい学習法
音読1:音読の仕方
音読2:シャドーイングと音読どっちがいいの?
音読3:音読だけじゃだめなの?
多聴1:「多聴」をやるべき人・やってはいけない人
多聴2:「多聴」のやり方
多聴3:「多聴」に適した教材・道具
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法
TOEFL学習法
英検1級1次試験学習法
英検1級2次試験学習法
英英電子辞書を使おう


posted by Tabbycat at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語力を身につける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック