2011年03月02日

岡田斗司夫(@ToshioOkada)「あなたを天才にするスマートノート」

あなたを天才にするスマートノート [単行本(ソフトカバー)] / 岡田 斗司夫 (著); 文藝春秋 (刊)岡田 斗司夫「あなたを天才にするスマートノート」

この本は、私のベストブック・オブ・ザ・イヤーになるかもしれません。少なくとも、ノート術本の中でトップになるのは間違いないでしょう。



スマートノートを書くステップ
最初は簡単な日誌からスタートします。今日やったことを5つ箇条書きで書くことから始めて、段々とレベルアップさせていきます。本書の通り実践すれば、ノートを書く習慣が無かった人でも無理なくノート書きを習慣付けることができます。最終的には、1日あたり見開き2ページに思考を書く習慣をつけます。

見開き2ページに1つの論点の思考を書くのですから、一つのことに対し相当深く、幅広く考えることになります。本書では深く広く考えるための方法が解説されています。以下はその一例です。

「なぜ?」を三回繰り返し思考を深める
まず、テーマに対し「なぜ?」を3回繰り返し自分に問いかけ、その答えをノートに書き、思考の土台を築きます。特に、「何故自分はそう考えるのか」、「なぜ自分はこのテーマが気になるのか」という自分自身の考えを深掘りし主体的に思考します。

思考を横展開させる
次に、「このテーマと似たことがあったよな」といった具合に、比較・連想することで思考を横方向に展開します。「以前に似たことがあった」と考えれば時系列比較になります。「他の国・地域・会社で似たことがあった」と考えれば空間比較になります。「逆のことがあった」と逆のケースを考えることもできます。こうして思考の横展開幅を広げます。

思考を上方向へ発展させる
そして次に、「ということは?」「どうなる?」と思考を上方向に発展させます。特に「だから自分はどうする?」という自分の主体的な意見を考えることで、自分の思考の魅力度を高めることができます。

以上のように、毎日一つのテーマについて「なぜ(WHY)?×3」、「他に(ALSO)?×3」、「ということは(THEN)?×3」と思考することを習慣にするのです


私の(スマートでない)スマートノート例
書くのは自分が考えた事、感じたことなら何でも良いと思います。人に見せるわけではないので、立派なことを書く必要はありません。

例えば、「会社に行きたくないな〜」と思ったら、ノート見開きの右ページ上に日付を書き、

「会社に行きたくない」

と書きます。

その下に、行きたくない理由を書きます。

「面倒くさいから」

と書いたら、ではなぜ面倒くさいと感じるのかを書きます。

「ずっと同じ仕事をしていて飽きたから」

と書いたら、ではなぜずっと同じ仕事をしているのかを書きます。

「異動希望を出さないから」

なぜ?

「他の部署にもやりたい仕事がないから」

このように、「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」と何度も自問自答して、思考を深堀していくと、意外な発見があったりします。「なぜ?」の自問自答を最低3回繰り返します。

この後はさらに、「以前にも、やりたい仕事がない、と思ったことはなかったか?」「やりたい仕事がないならどうする?」という自問自答を繰り返し、思考を横方向、上方向へ展開します。

非常に低レベルな例を書いてしまいましたが、本書には岡田氏自身のノートが多数公開されています。ご参照いただくと、もっと理解できると思います。


なぜ「思考を書く」と天才になれるのか?
岡田氏の定義によると、「天才」とは、

・発想力
・表現力
・論理力

を兼ね揃えた人物です。

この3つの能力は、スマートノートを書くことで身につけることができます。

私は本書が出版される以前、で岡田氏の公式サイトでスマートノートを知って以来、岡田氏の方法でノートを書き続けていますが、効果は絶大です。

ノートの見開き2ページに書きながら、深く考えることを続けると、深いレベルの思考(発想と論理)同士がハイパーリンクのように結びつき、新たな思考を生み出します。遠く離れたページ同士の、全く違うテーマに対する思考同士が結びつき、思いも寄らない新思考を生み出した瞬間は感激モノです。この快感を一度味わうと、スマートノートがやみつきになります。

毎日書くことで表現力が養われます。本書にある、他人が見ても面白いノートの書(描)き方にしたがって描くことで、さらに効果的に表現力が高まります。

そうして、スマートノートが数冊たまった頃には、豊富な発想を論理的に、豊かな表現で喋ったり書いたりできるようになれるのです。

世の中には、豊富な知識を自由自在に組み合わせて、面白い話をできる人がいます。岡田氏もその一人です。岡田氏は「スマートノートであなたもそんな人になれる。最低でも岡田斗司夫レベルにはなっていただきます!」と言っています。

私もそうなれる日を楽しみにしつつ、毎日ノートを書くことを楽しみたいと思います。


あなたを天才にするスマートノート [単行本(ソフトカバー)] / 岡田 斗司夫 (著); 文藝春秋 (刊)
岡田斗司夫「あなたを天才にするスマートノート」



よろしければランキング応援クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

ツイッターはじめました。是非フォローして下さい。
https://twitter.com/tabbycat111


posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。