2011年03月06日

松下幸之助「道をひらく」

道をひらく [文庫] / 松下 幸之助 (著); PHP研究所 (刊)道をひらく

松下幸之助氏は松下電器産業(現パナソニック)の創業者です。金なしコネなし、病弱というハンデにも関わらず、一代で町工場を世界企業へ成長させました。人格者として知られ、多くの人の尊敬を集めました。




昨年買った本の帯には「450万部突破の大ベストセラー」とあり、1968年の出版以来186刷を重ねています。長く読み告がれている名著です。

この本は、何度か買っては手放しを繰り返しました。最初は社会人になってすぐ、支店長から勧められて買いました。その時は、仕事に対する熱意とか工夫についての話が印象に残りました。

その後は、仕事に行き詰ったり、やる気がなくなったり、落ち込んだりした時に、読み返しました。読むたびに心に沁みるページが違います。

読むたびに違う感銘を受け、違う気づきを得られる本です。


道をひらく [文庫] / 松下 幸之助 (著); PHP研究所 (刊)道をひらく

よろしければランキング応援クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

ツイッターはじめました。是非フォローして下さい。
https://twitter.com/tabbycat111


posted by Tabbycat at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。