2011年06月13日

ブログはテーマ設定はいらない?

人気ブログランキングへ←応援クリックおねがいします!

スティーブン・キング氏が、著書"On Writing"(邦訳「小説作法」)の中で、小説を書くときに、メッセージやテーマを考えることはない。ストーリーの構想も考えない。物語を自立的に成長するのを妨げないようにするだけ。作品ができあがった後になってはじめて、その作品のテーマに気付く、ということを述べています。

スティーブン・キングの作品になぞらえるのは僭越なのですが、自分のブログにも何かテーマがありはしないかと、記事タイトルをざっと読み返してみました。われながら、悪いブログのお手本のような支離滅裂さなのですが、その底流には一つのテーマがありました。

 
私が、ブログを読んでくれる方々に伝えたかったことは、「人は成長することができる。そのための方法論は存在する。」ということだったのだと気付きました。

最初は、手作りウェブサイト「MBA式英語速習法」を作り、英語学習のノウハウを公開しました。英語をマスターできる方法を伝えたかったからです。

次に、ブログで英語・留学奮闘記を連載しはじめました。英語を学習すれば人生を変えることができる、実際に自分はできた、ということを書いてきました。

次に、外資企業奮闘記をリアルタイムで書こうとしましたが、これは上手くいきませんでした。外資の裏側を披露して読者の好奇心を誘う、という狙いが自分に合わなかったのです。

その後は、手帳術、仕事術、勉強術の紹介、Zenhabitsの和訳などを書き、自分を良い方向へ変え、成長させるための方法を紹介しました。

今は、面白かった、役に立った本の紹介を中心に書いています。これも成長のための方法論の一形態だと思います。

これからも、英語ブログなのか、自己啓発ブログなのか、和訳ブログなのか、書評ブログなのか、ジャンルの定まらない支離滅裂な展開をしていくと思います。しかし、

「人は成長することができる。そのための方法論は存在する。」

というテーマは一貫し続けるだろうと思います。

蒸し暑いテーマだと感じる方も多いかと思いますが、ご興味のある方は今後ともご愛顧お願いいたします。

人気ブログランキングへ←応援クリックおねがいします!

posted by Tabbycat at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目標を設定し、達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック