2011年07月30日

王陽明「伝習録」

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


伝習録 (中公クラシックス)

対訳・代表的日本人を読み(過去記事参照)、西郷隆盛と中江藤樹が陽明学の影響を受けたとしり、本書を読んでみました。
 
陽明学というと、学校の日本史で習うのは「知行合一」という言葉です。

私は学校で、「知行合一とは、知(思想)と行(行動)は統一させなければならない、という考え方で、この教えに心酔した人物は、純粋思想に基づく過激行動をとった」と教えられました。

大塩平八郎の乱を起こした大塩平八郎、黒船に乗り込み密航しようとして吉田松陰、勝ち目のない西南戦争で切腹した西郷隆盛などです。

自衛隊にクーデター決起を呼びかけ失敗し、割腹自殺した三島由紀夫も陽明学の影響を受けており、「革命哲学としての陽明学」という文章を書いています(「行動学入門」の中に収められています)。

しかし、「伝習録」を読むと、過激行動を促す陽明学は「日本版陽明学」とよぶべきもので、本来の陽明学は、もっとのびのびとした、平和で穏やかな思想だったことが分かります。

私が本書の中で面白いと感じたのは、王陽明とその弟子の問答です。弟子が「論語」過去記事参照)の一部分について、「ここのところがよくわからないのですが」と質問します。

大して難しい内容でもないのに何がわからないというのだろう、と思って読み進めると、王陽明が弟子に対し、ものすごく深遠な答えを返すのです。

『論語』のあの文章にはこんな深い意味があったのか!」と驚かされることが何度もありました。

本書は、陽明学に関心を持つ人、論語をより深く理解したい人におすすできる一冊です。

伝習録 (中公クラシックス)

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。