2012年01月17日

無料の情報が私たちから奪うもの

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

現代には情報があふれています。PCやスマートフォンには、次々とあらゆる情報が飛び込んできます。通信費さえ負担すれば、ほとんどの情報は無料です。

私たちは情報に対して一円も払っていないようでいて、実は大きな対価を支払っています。それは「影響」です。


無料の情報は「読み手に影響を与えよう」という意図を持っています。それは、ある商品を買わせようという意図だったり、ある人物に対する好意を持たせようという意図だったり、あるいは逆にある人物に対する悪意を持たせようという意図だったりします。

たとえば、あなたがiPhoneやiPadを買いたくなったのは、無料の情報に影響を受けたせいかもしれません。あなたが麻生総理大臣を憎んだり、野田総理大臣を憎んだりしたのは、無料の情報が「奴を憎め」という信号をあなたに送ったからかもしれません。

自分が納得した上で情報の影響を受けるのであれば、それは本人の意思によるものであり、他人がとやかくいうべきものではありません。

恐ろしいのは、無意識のうちに影響を受けてしまうことです。私たちが持つ最後の資産は自分の意思です。この意思を自覚しないまま他人に操作されないように気をつけなければなりません。

さて、この文章もあなたに無料で届けられた情報です。この情報の裏に隠された意図は何だったでしょうか

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ



posted by Tabbycat at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。