2012年01月27日

「10年日記」が日本を変える

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


石原出版社 石原10年日記 2012年版(2012-2021)


今回の記事のタイトルはホッテントリメーカーを使ってみました。

私は10年日記をつけています。今年から2年目に入りました。

今年の日記を書きながら、上の段に書かれている日記を読み返すだけで、昨年の行動を自動的に振り返ることができます。これがとても面白いです。

日記には心情の吐露などは一切していません。したこと、行った場所、読んだ本、勉強した内容、筋トレ記録などを淡々と記述するだけです。日記というよりも、業務日誌に近いです。体重を記録している時期もあります。社会で起きた大きなイベントも時々メモしています。


行動や事実を書いているだけなのですが、これが備忘録として結構重宝します。頑張っていた1年前の自分から刺激を受けることもあります。1年前に読んだ本を読み返すきっかけになったりもします。行動の記録だけから当時の心境を思い出すこともできます。

一行しか書かないこともあります。まったく書かず、空白が数週間続いている時期もあります。この空白からも、当時を思い出すことができます。

下の段に広がっている、将来の欄の空白を眺めるのも楽しみです。「10年目を全部埋める頃には自分や家族はどこで何をしているだろうか」と考えると、今日を大事にしないといけないなという気持ちになります。

好き嫌いや向き不向きもあるので、10年日記を無理に人にすすめることはできませんが、結構面白いですよ。


石原出版社 石原10年日記 2012年版(2012-2021)


よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。