2012年02月20日

行動哲学としてのリバタリアニズム

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

リバタリアニズム(新自由主義)とは政治哲学の一つで、「個人の自由を最大限尊重すべきである」と考えます。小さな政府を理想とし、政府の役割を防衛と警察など最小限にとどめる、生活保護や老齢年金などの福祉は個人の自立を妨げる有害なものなので廃止すする、などの説を持ちます。

リバタリアニズムはかなり極端な思想ですが、個人の行動哲学として有効だと私は考えます。


リバタリアン(リバタリアリズムを信条とする人)は、国や会社に頼ろうという発想を一切持ちません。「自分は年金がもらえるだろうか」などということを心配しません。国や企業の年金などあてにせず、自分の老後資金や緊急時の資金は自分で準備します。

リバタリアンは自己責任の原則に基づいて思考し行動します。だから、国や企業の年金などの福祉制度が破綻しても動じません。はじめからあてにしていないからです。

現在は、誰もがリバタリアン的要素を持って生きることが求められています。私たちは、国の福祉をあてにするのでなく、自己責任で生きる気概を持たなければなりません。事故や災害などの不運にみまわれ援助を受けざるをえないときはありますが、福祉はこのような、懸命に自助努力したけれども不運によって自活できなくなった人だけに限定して提供すべきです。

はじめから福祉制度をあてにして、福祉水準維持のためのロビイスト活動に専念するような人には福祉を提供すべきではありません。もし、国民全員がこのようなすねかじりになってしまったら、福祉制度は一瞬で破綻します。福祉の財源を稼ぎ拠出する人がいないからです。

福祉の財源は、最終的には誰かが支払った税金なのです。すべての人が福祉をあてにすると福祉制度は破綻します。「自分は福祉の世話にならない」と考え自分の力で生きる人がいてはじめて、福祉制度は維持可能となるのです。

福祉を否定するリバタリアンが増えるほど福祉制度は健全となり、福祉重視のリベラリスト、コミュニストが増えるほど、福祉制度が破綻に近づく、というのは皮肉なパラドックスです。そして今、福祉制度は徐々に破綻に向かっています。

福祉をあてにして生きるより、福祉をあてにしないリバタリアン的気概を持って生きるほうが、いさぎよい生き方だし、福祉制度が破綻した場合も何も失いません。行動哲学として、リバタリアニズムは注目されて良いと思います。


これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

ツイート、はてブいただけますと、下に自動的に相互リンクされます。是非おねがいします。
↓↓


posted by Tabbycat at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
学生です。

最近、行動の規範としての哲学に興味を持ち、リバタリアニズムの本を数冊手に取りました。

大学院進学を考えていて、MBA 勉強法と検索したところ、ここにヒットしました。

この記事にとても参考ですし、
他の記事も参考になるものが多く、今後読ませてもらいます!
Posted by いえちゃん at 2012年08月11日 19:23
コメントありがとうございます!

先人の行動哲学には学ぶべきところが多いです。

ぜひさまざまな主義主張を咀嚼して、いえちゃん様ご自身の哲学を構築されてください。

拙ブログが、なにがしかの参考になりましたら光栄です!

Posted by TabbyCat=>いえちゃん様 at 2012年08月12日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。