2012年02月24日

年収倍増転職成功者が語る転職アドバイス1

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

これから毎週金曜日、私の実体験に基づく転職アドバイスを全6回掲載します。皆さまのお役に立ちましたら幸いです。

情報収集
転職に関心を持ったら、まず情報を集めることが大切です。転職サイトに登録するのが一番効率の良い方法です。
転職サイト最大手のエンジャパンあたりからはじめましょう。エンジャパンのハイクラス求人や、エグゼクティブ求人には、数多くのヘッドハンターが求人情報を提供しています。そのため、エンジャパンに登録すれば、ヘッドハンター会社に個別に応募する手間が省けます。業界・職種・年収など、自分が選んだ条件にマッチする求人が一週間毎にメールでとどきます。この求人メールを見て、自分の条件にマッチする求人の動向を探ることができます。
 

また、どのヘッドハンターがどんな求人を持っているか傾向を掴むことができます。

職務経歴書を作る
情報収集と平行して職務経歴書を作ります。外資系企業に応募する場合は、英文職務経歴書も必要です。「職務経歴書、サンプル」でグーグル検索すればいろいろでてきます。英文職務経歴書の場合は「resume sample」「CV sample」などで検索してみましょう。CVとはレジュメ(職務経歴書)のことです。

LinkedInというサイトがあります。これは転職活動にフォーカスしたFacebookのようなものです。多くの人が英文職務経歴書を公開しています。日本人でも英文職務経歴書を公開している人が大勢います。自分と業界・職種が似ている人を捜して英文職務経歴書の参考にしても良いでしょう。

職務経歴書の形式は他人のサンプルから学ぶことができます。しかし、大事なのは中身です。自分の今までの人生を棚卸しする気持ちで、自分が何をやってきたか書き、何度も何度も推敲しましょう。応募する業種・職種、会社に応じて、強調したいポイントが違うはずです。ベースとなる職務経歴書をます仕上げて、応募する求人にあわせてカスタマイズしましょう。


転職で譲れない条件を書き出しておく。
ヘッドハンターに会っていろんな求人を見せられると、目移りしてしまい、だんだんと当初考えていたのと全く違う求人に応募してしまいそうになります。そうならないように、自分の譲れない条件を書いておきましょう。自分が設定した条件にマッチする求人がない場合は、条件を修正し修正した後の条件を書き出しましょう。しっかりと紙にかくことで軸をぶらさずにすみます。。

私の譲れない条件は、職種と年収、引っ越しをともなう異動がないこと(海外除く)でした。職種をコロコロ変えると節操なく仕事を転々としてきた後が履歴書に残ってしまいます。レジュメを汚すような転職はしたくありませんでした。年収も譲れない線でした。仕事を趣味でやっているのならいざ知らず、私は家族を養うために仕事をしています。自分の稼ぎの少なさがボトルネックとなって子供にチャンスを与えられないなんてことは避けたいと思っていました。引っ越しがないことも譲れない条件でした。日系企業につとめていたとき、先輩社員のお子さんが転校でかわいそうな思いをするのをみてきました。自分の子供にはそんな思いはさせたくないと思いました。

あなたも自分の譲れない条件をきちんと紙に書いて、転職活動をはじめましょう。

~次回は求人への応募についてです~
続きを読む:年収倍増転職成功者が語る転職アドバイス2

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

関連記事:
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス1」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス2」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス3」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス4」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス5」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス6」

ツイート、はてブいただけますと、下に自動的に相互リンクされます。是非おねがいします。
↓↓


posted by Tabbycat at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。