2012年03月30日

年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス5

★年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス5

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事は過去記事
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス1」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス2」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス3」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス4」
の続きです。

採用面接本番
採用面接には時間5分前には行きましょう。普段の二割増しくらい元気で明るい態度をとりましょう。普段の二倍以上テンションをあげるとやりすぎです。

思いがけず緊張してとちったりしたら、「すみません。ちょっと緊張していまして、失礼しました」と正直にいいましょう。それだけで結構楽になります。

わからない質問には「申し訳ありません。不勉強のため存じません」と正直に答えましょう。自信のない答えをする時は「推測ですが、○○ということでしょうか」と推測である旨をちゃんと伝えましょう。

質問の意味が分からなかったときは、「申し訳ありません。質問の内容がわからなかったのですが、もう一度おっしゃっていただけますか」と聞きなおしましょう。

嘘を答えるのは絶対にやめましょう。スキル、経験、年収で嘘をつくのは厳禁です。嘘の年収を答えて高い年棒を獲得しても、入社前後に提出する源泉徴収票で前職の年収はばれます。スキル経験で嘘をついて内定をとっても、入社後一ヶ月もすれば化けの皮ははがれてしまいます。通常、試用期間は三ヶ月程度ありますので、この間にクビになるだけです。また入社後何年たっても、職歴などが嘘だと判明したら会社はいつでも解雇できます。

20代から30代前半くらいのジュニアであれば、志望動機、自己PR、質疑応答という形式で面接は進みますが、それ以上のシニアになってくると、同業界の人間同士の世間話、雑談という形式をとりながら、お互いの力量をさぐり合うことになります。お互いの会社のキーパーソン(社長・役員とは限らない)の名前を知っているか、面識はあるか、業界でのホットな話題についていっているか、自分なりの見識を持っているかなどから、大体どの程度の水準で仕事をしてきた人かはわかります。性格や資質についても、数分雑談すれば大体わかるものです。

雑談の際に現れる力量や人格は、事前準備でどうにかなるものではありません。これまで自分がどのように仕事や研鑽に取り組んできたか、どのような態度で会社の同僚や家族、友人に接してきたかが問われます。雑談対策を強いてあげるなら、「普段から今の会社でしっかりと仕事し、生きること」としかいえません。

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

関連記事:
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス1」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス2」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス3」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス4」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス5」
「年収倍増転職成功者が語る具体的アドバイス6」


posted by Tabbycat at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。