2012年09月25日

デール・カーネギー「道は開ける」



道は開ける 新装版


How to Stop Worrying and Start Living

考えれば考えるほどつらくなるのはわかっているのに、つい考えてしまう、という経験はだれしもあるでしょう。解決策はなく、考えるだけ無駄なのに、考えずにはいられない。悩みというのは、人間に時間と精神を浪費させます。

悩みを抱える人に、読むことをおすすめできるのは、デール・カーネギーの「道は開ける」です。アマゾンの一番上のビューには、拘置所に収監されていたときに本書を読んで救われた方の経験が掲載されています。つらいときに助けてくれる本です。

「喉元すぎれば熱さ忘れる」とはよくいったもので、悩みが解決したあとは、この本にすがっていた自分が気恥ずかしく思えて、本を処分してしまうのですが、また買ってしまいます。だからとうとう蔵書にすることにしました。照れ隠しに洋書のペーパーバックですが。

心が元気なときに読む本はたくさんありますが、心底から心がくじけている時に助けてくれる本はなかなかありません。キリスト教徒の方であれば聖書がそれに該当するのかもしれませんが、私のような無信教の人間には、すがるものがなかなかありません。この本は私に、超ピンチのときに心の平和をとりもどさせてくれる貴重な一冊です。


道は開ける 新装版



How to Stop Worrying and Start Living


posted by Tabbycat at 22:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
突然の訪問&コメント失礼します。

私も昔「今日一日の区切りで生きよ」という一文に非常に助けられた記憶があります。

ですのでこの記事に強く共感しました。
今でも精神的に落ち着かないときに読むことがあります。

応援ぽちさせて頂きました。
良かったら私のサイトにも遊びにきてくださいね。

では失礼します。
Posted by なぽれおん at 2012年10月31日 22:17
なぽれおん様、

コメントありがとうございます。
この本は世界中のたくさんの人の心を救ってきたと思います。大事にしたい一冊です。

貴サイト拝見しました。とても有意義な趣旨の、内容の充実したサイトだと思いました。

今後ともよろしくお願いします。

Posted by Tabby cat at 2012年11月01日 07:54
お返事ありがとうございます。

実は私はこの本を「買って、読んで、友人に貸して、返ってこなくて、また買って」を繰り返しています(笑)。

本当にたくさんの人を救っていると思います。


ところで、この記事を私のサイトでも紹介させて頂きたく存じます。
もしよろしければ、相互リンクさせて頂けないでしょうか?
もちろんご迷惑であれば結構です。

ご検討ください。
Posted by なぽれおん at 2012年11月02日 23:24
なぽれおん様、

コメントありがとうございます。
記事をご紹介いただけるとのことありがとうございます。

総合リンクですが、拙ブログでは総合リンクをおこなっておりませんので、申し訳ないですが、ご了解いただきたくお願いいたします。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by Tabby cat at 2012年11月05日 11:58
相互リンクの件、承知いたしました。
無理を言ってしまって申し訳ありませんでした。

この記事を紹介させて頂く際には、また一方入れさせて頂きますね。
では失礼します。
Posted by なぽれおん at 2012年11月05日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。