2012年11月28日

王陽明の名言「わたしが昔、除州に滞在したとき、学生諸君が…

わたしが昔、除州に滞在したとき、学生諸君が知識として理解することばかり努力して、言葉づらの異同にかまけ、真にわかるということには何の役にもたたないものだから、しばらくの間は彼らに静坐をさせた。あるときそのありさまをうかがってみると、当面は効果を大いにあげているかにみえたが、しばらくするとこんどはだんだんと、静寂にしていることを喜んで社会に対する働きかけを嫌い、あげくに社会人として生きる意欲を放棄するものが出現した。なかには不可思議な悟りの境地をふりまいて人々の耳目をおどろかすものものいた。そのためにそれ以来というもの、わたしは良知を発揮することだけを主張することにした。

王陽明「伝習録」


伝習録―「陽明学」の真髄 (タチバナ教養文庫)



posted by Tabbycat at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。