2012年12月25日

Stephen King, The Shiningの感動的名言

スティーブンキング著"The Shining"を読みました。
その中に感動的な言葉があったので個人的メモ代わりにここに記録します。
ネタバレを含みます。その点了承される
方は「続きを読む」をクリックして下さい。


The Shining

"Danny? You listen to me. I'm going to talk to you about it this once and never again this same way. There's some things no boy in the world should have to be told, but the way things should be and the way things are hardly ever get together. The world's a hard place, Danny. It don't care. It don't hate you and me, but it don't love us, either. Terrible things happen in the world, and they're things no one can explain. Good people die in bad, painful ways and leave the folks that love them all alone. Sometimes it seems like it's only the bad people who stay healthy and prosper. The world don't love you, but your momma does and so do I. You're a good buy. You grieve, and when you feel you have to cry over what happened, you go into a closet or under your covers and cry until it's all out of you again. That's what a good son has to do. But see that you get on. That’s your job in this world, to keep your love alive and see that you get on, no matter what. Pull your act together and just go on."

ダニー。聞いてくれ。おまえに一度だけだ話しておきたい事があるんだ。二度話すわけにはない。本当は小さな子供が聞くべきことじゃないからね。だけどこの世の中、あるべき通りにはいかないものさ。生きることはつらいものなんだ。ダニー。世界はいささか不親切だ。世界はおまえや俺を憎んではいないが、愛してもいない。この世界ではひどいことが起きる。なぜかは誰も説明できない。善良な人が、悲惨で苦痛に満ちた死に方で、大事な人を残して死んでいくこともある。悪い人間だけがぴんぴんとして良い思いをすることもある。世界はおまえを愛していないが、ママはお前を愛しているし俺もそうさ。お前はいい子だ。起きたことを本気で悲しんでいる。起きたことを思い出してどうしても泣きたいときは、クローゼットの中か毛布の下に隠れて涙が枯れるまで泣くんだ。孝行息子はそうしなきゃならない。うまくやれるよう頑張れ。何があろうとも、愛を失わず、うまくやれるよう頑張れ。それがこの世界でのおまえの仕事だ。一生懸命頑張るんだ。



The Shining


posted by Tabbycat at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。