2013年03月21日

大学受験資格にTOEFL 国内全大学対象 自民教育再生本部、1次報告へ

大学受験資格にTOEFL 国内全大学対象 自民教育再生本部、1次報告へ
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130321/edc13032101310000-n1.htm
 自民党の教育再生実行本部(遠藤利明本部長)が国内全ての大学の入学試験を受ける基準として、英語運用能力テスト「TOEFL(トーフル)」を活用する方針を固めたことが20日、分かった。月内にまとめる第1次報告に明記し、夏の参院選の政権公約に盛り込む。

 対象は、全ての国公立大学と私立大学。大学の学部ごとに点数基準を定め、クリアした者に受験を認める。たとえば、東京大学文科一類(主に法学部に進学)の受験資格は「TOEFL○○○点以上を獲得した者」と定め、公表する。点数基準は各大学に自由に定めさせる。TOEFLは英語圏の大半の大学で留学志願者の英語能力証明として使われており、留学の活発化を通じて国際社会に通用する人材を育成する狙いがある。

これは素晴らしい施策です。

日本人の英語コミュニケーション能力を一変させるでしょう。

高校時代に熱心にTOEFLを頑張って良いスコアを取れば、留学も考える人がたくさん出てくるでしょう。

日本人の国際化を一気にすすめる政策になることうけあいです。

将来「TOEFL世代」が社会に出てくる頃には、英語学習ができて当たり前になっているでしょう。
「TOEFL前世代」の私たちも英語力をみにつけておかなければなりません。


posted by Tabbycat at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語力を身につける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック