2013年10月16日

あなたの情報収集力が100倍アップするニュース読解術

ブログランキングへのご支援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

みなさんテレビや新聞、Webのニュースから情報収集されていることと思います。

しかし、ただ単に受け身的にニュースを読んだり見たりするだけでは、他人と情報力で差をつけることはできません。

かといって、他人が見ないマイナーなニュースを収集すれば良いというわけでもありません。差別化はできるでしょうが、有効な意味ある差別化にはなりません。

今回は、皆が読んでいるニュースを読むだけなのに、他の人よりも100倍、もしくはそれ以上の情報を収集する方法を紹介します。

その方法は簡単です。

こう自分に問いかけるのです。

「今、ニュースになっていない事はなんだろう?」

「ニュースがない」という事実が重大な意味を持つ例としては、「アメリカ中西部でタイフーンが発生し作物が被害を受けた」というニュースがなかった年は、トウモロコシや小麦が豊作になり穀物価格が下落する、というものがあります。

また、ひそかに儲けている会社や人を探し当てるのも、情報収集力を高める練習になります。

例えば、今は日本中の原発が止められたので、代わりに火力発電がフル稼動しています。火力発電のエネルギー源はガスです。

東京電力にガスを提供しているのは東京ガスです。東京ガスは相当大儲けしています。しかし、そのことはニュースになりません。東京ガスだって「私たちメチャメチャ儲けてます」などとプレスリリースを出すはずがありません。

いつの世の中でも、儲けている人は黙っているものなのです。

儲けていることをやたら宣伝するアップル、ソフトバンク、ユニクロ、ゼンショー(すき家の牛丼)、楽天などは、実はそれほど儲けていません。儲けたことがニュースになっているようではまだ甘いのです。競争の激しい業界で勝利をおさめるこれらの会社は世の中の注目を浴び、経営者はカリスマともてはやされます。

しかし、本当に儲けている会社は、静かに安定的に収益を獲得し続け、決してニュースになることはありません。経営者も従業員も静かに安定的に高い報酬を受け取り続けています。株式を上場していないけれど、ある製品で世界シェア第一位で、社員の平均年収一千万オーバーなんて会社は、実はたくさんあります。

就職活動や転職活動をしている方は、ニュースに出ない隠れた優良企業を探すべきです。しかし現実には、競争に勝ったことがニュースになり、経営者がビジネス本を出すような会社に人気が集まっているようです。

「ニュースをチェックするのは、何がニュースになっていないかを確認するため」という意識を持つだけで、あなたの情報収集能力は100倍以上にアップするはずです。


今日やったこと

腕立て伏せ50回×2セット=100回

朝、台風の警報や電車の運行状況をチェックしてたら筋トレの時間がなくなってしまい、いつもの半分しかできませんでした。

それでも100回やれたのは、このブログで毎日筋トレ記録を公開しているおかげです。「今日はトレーニングをサボりました。」とブログに書きたくないのでトレーニングをやることができました。過去記事「トレーニングを続ける方法」でも、トレーニングを続けるコツとして、トレーニング記録をつける、家族や友人に宣言する、という方法を紹介しましたが、やはりこれらは効果的です。


AFN スポット・アナウンスメントをリスニング。60分くらい。

ジェームス・アレンAs a Man Thinkethを読書。

ブログランキングへのご支援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・スキルを高める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック