2013年10月22日

Kindle Paperwhite(ニューモデル)を早速使ってみました!

ブログランキングへのご支援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)が届きました!

早速使って見た感想をシェアします。

私が今まで使っていたiPadのKindleアプリとの比較になってしまう点ご了承下さい。


軽い!
iPadより格段に軽いです。iPadがおよそ600gに対し、Kindle Paperwhite(ニューモデル)は約200gと、三分の一の重さです。片手で楽に読めます。寝転んで読むのも楽です。仰向けになって読書してて、いつの間にか寝てしまった瞬間、iPadが脳天に激突して目から星が飛び出したことが何度かありましたが、Kindle Paperwhite(ニューモデル)ではダメージは小さそうです。

目に優しい
iPadは発光しているので長時間読書していると目が疲れてしまいますが、Kindle Paperwhite(ニューモデル)は本物の紙に近い質感で、目に優しいです。

明るいところでも読みやすい
iPadは、明るい野外や、室内でも照明が直接あたる場合は光が画面に反射して字が読めないことがありました。私個人としては、これにすごくイライラさせられたのですが、Kindle Paperwhite(ニューモデル)は光が反射しないので読めないことがありません。

単語帳機能が便利
iPadのKindleアプリでも辞書機能を重宝していました。洋書を読んでいて知らない単語が出てきたら、単語を長押しするだけで辞書を引けるのがとても便利です。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)にも同じ辞書機能が付いていますが、大きな違いがあります。それは単語帳機能です。

一度調べた単語は単語帳として保存され、フラッシュカード機能をつかって暗記するこができます。覚えた単語は「習得済み」に移動させて、学習中の単語だけ繰り返し暗記できます。

「本棚を持ち運べる」という革命

私にとってKindle Paperwhite(ニューモデル)の最大のメリットは、なんといっても200gの端末に4000冊の本を収納できる、ということです。既に60冊の本を収納していますが、これが紙の本だった場合はそろそろ古本屋に売るための選別に取り掛かっているところです。

紙の本のほうがKindle Paperwhite(ニューモデル)よりも優れている点はたくさんありますが、空間的な場所をとらない、という一点だけで、私にとってKindle Paperwhite(ニューモデル)の方が紙の本よりも圧倒的に優れています。

惜しむらくは、まだ電子書籍化されていない本がまだまだたくさんあることです。せっかく興味を持った本でも、電子書籍版がないので買うのをやめた、ということが何度かありました。今後の電子書籍の普及に期待したいです。


今日やったこと

体脂肪が落ちるトレーニング―1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造のメニューをこなしました。

AFN スポット・アナウンスメントをリスニング。60分くらい。

マイケルポーターのCompetitive Strategyを読書。これは紙の本で読んでいますが、電子書籍版を買い直そうかとおもっています。

ブログランキングへのご支援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。