2015年09月14日

英エコノミスト誌"Some Martyr"(ある殉教者)

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

英エコノミスト誌"Some Martyr"(ある殉教者)からの抜粋です。

JAILING Kim Davis for five nights has made her a misleading martyr to a misguided cause. Ms Davis is a clerk in Kentucky who adamantly refused to dispense marriage licences to same-sex couples. Her offence−to break the law in order to preserve her conscience−was even more wrongheaded than her punishment. Though she is now free again, her supporters, including several Republican presidential candidates who ought to know better, see her brief incarceration as the brutal triumph of secular tyranny. They exaggerate both Ms Davis’s nobility and the threat faced by Christian America.

(和訳)
Kim Davis氏を5日間拘置したことで、彼女は人を間違った方向へ導く殉教者になってしまった。Davis氏はケンタッキー州の事務員だが、同性愛婚者に結婚許可証を発行することをかたくなに拒否した。自分の宗教的良心を守るために法律を犯すという行為は、彼女が受けた処罰よりも罪深い。彼女は現在釈放されたが、共和党大統領候補者を含む彼女の支持者は、彼女の投獄を、暴政による残酷な征服だとみなしている。彼らはDavidの高潔さとアメリカのキリスト教徒が直面する恐怖を誇張している。

(語彙)
martyr: 殉教者。
cause: 原因。目的。理念。
adamantry: 断固として。かたくなに。
conscience: 良心。道義心。
wrongheaded: 間違った。
incarceration: 投獄。
secular: 非宗教的な。
tyranny: 独裁国家。暴政。

(コメント)
アメリカでは、最高裁が同性愛婚を合法とする判決を出しました。これにより全米で同性愛婚者の結婚が実現していますが、ケンタッキー州で結婚許可証を出さない事務職員がでて問題になっています。

性的マイノリティと宗教が関わる難しい問題なので、浅学な私のコメントは控えたいと思います。

一点不思議なのは、ケンタッキー州オフィスの事務体制です。なぜ1人の事務員が発行を拒否しただけで、州オフィスとしての発行が不可能になるのでしょうか。David氏の上司なり、最終的には州知事が発行を認めることはできないのでしょうか。

日本であれば、彼女の宗教的信念を尊重しつつも別の仕事をアサインするなど、穏便な解決を図るような気がします。

よろしければ、ブログランキング応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。