2016年01月27日

出産した女性ホームレス、住居の提供を受ける

人気ブログランキングへ

2016-01-17T125126Z_969315494_GF20000097775_RTRMADP_3_POPE-VATICAN.jpg

バチカン市国のサン・ピエトロ広場の段ボールの中で、ホームレスの女性が出産し、1年間無償で住居を提供されました。


警察によると、この女性は35歳で、夜中の2:30頃に陣痛が始まりました。イタリアの女性警察官が出産を手伝い、無事に女の子が生まれました。母子共に警察官のジャケットにくるまれて救急車の到着を待ったそうです。

後にローマ教皇チャリティ・オフィスのArchbishop Konrad Krajewski氏が、入院している女性と赤ちゃんの元を訪れ、教会が所有するアパートを1年間無償で提供すると告げました。

この女性と女性のパートナーである男性は、普段、教会による食事とシャワーのサービスを受けていたため、Krajewski氏は以前から2人のことを知っていたそうです。


母子共に無事で何よりでした。1年の間に仕事や住む場所が見つかり、子供を安心して育てられるような環境を整えられると良いですね。


ソース原文にPope's Francis' charity officeと出てきますが、どう訳して良いか分からず「ローマ教皇チャリティ・オフィス」としておきました。また、Konrad Krajewski氏の名前にはArchbishopという言葉がありますが、これは「大司教」という意味です。


go into labor:陣痛が始まる
deliver a baby:出産する
accommodation:宿泊設備


ソース:http://news.yahoo.com/homeless-woman-gives-birth-outside-vatican-gets-offer-191916726.html

人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック