2016年01月31日

アメフト場にマンモスの骨!?

人気ブログランキングへ

mammoth_bones 1.jpg


オレゴン州立大学のアメリカンフットボール場で、マンモスの骨が発見されました。


骨が発見されたアメフト場は改修工事中で、エンドゾーンを掘り返したところ、土の中からマンモスのものと思われる大腿骨が見つかりました。発見後、工事は中断されているそうです。今のところ、このアメフト場で古代人の骨や活動痕跡は発見されていません。

現在、多くのスポーツファンや大学生アスリートたちを迎え入れるこの場所は、10,000年以上前は動物たちの水飲み場でした。動物は病気になると水辺に行って最期を迎えるため、1か所で複数の骨が見つかることも珍しくないそうです。

このアメフト場があるWillamette Valleyには、かつて、マンモスやマストドン、オオナマケモノなどの巨大な動物たちが多数生息していました。とは言え、スポーツスタジアムでマンモスの足の骨を発見することは日常的ではなく、珍しいことです。

mammoth_bones 5.jpg


mammoth_bones 2.jpg


mammoth_bones 4.jpg


mammoth_bones 3.jpg



更なる化石が発見されるかもしれないということで工事が中断されているようですが、来期のアメフトシーズンに入る前に改修が終わると良いですね。

原文中のbody of waterは「水域」「水塊」などの意味ですが、ofを抜いたbody waterは「体内の水分」という意味になります。全く意味が違ってくるので、書き間違いに気をつけたいですね。

amid:〜の真っ最中に
femur:大腿骨
halt:〜を中断させる
herd:群衆
treasure trove:宝の山、宝庫

ソース:http://www.cnet.com/news/score-bone-from-mammoth-found-in-university-stadium-end-zone/#ftag=YHF65cbda0

人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック