2016年02月05日

日銀マイナス金利政策の5つの事実

人気ブログランキングへ

BOJ negative rate.jpg



日本銀行2016年1月29日(金)にマイナス金利政策を発表し、関係者を驚かせました。この政策についての5つの事実を紹介します。
1.主要中央銀行では2番目のマイナス金利導入となった
今回のマイナス金利導入によって、日本銀行はECB(欧州中央銀行)に続き2番目にマイナス金利を導入した中央銀行となりました。

2.黒田総裁はあらゆる手段でサプライズを演出
黒田総裁は、市場にサプライズを与える手段を持っていないとみせかけて、今回のサプライズを起こしました。これにより、日本円は米ドルに対し2%下落し、日経平均は3.5%上昇しました。

3.金利のマイナス幅をさらに広げることも可能
今回はマイナス0.1%とされましたが、必要となればさらにマイナス幅を広げることもできると、日銀は明言しています。

4.マイナス金利が適用されるのは一部分
マイナス金利は、民間金融機関が日本銀行に預ける預金を3段階にわけ、その1部分のみに適用されます。日銀に預けられている預金およそ250兆円のうち、約10〜30兆円だけがマイナス金利となります。

5.日銀政策委員の中には反対者も
日銀政策決定会合では、賛成5名、反対4名と、ギリギリで可決されました。反対者は、マイナス金利は、金融機関の収益性が悪化した場合金融システムにダメージを与え、銀行は現金を持つことを選択し、貸付態度を変えることは無い、と主張しています。

BOJ negative rate 2.jpg


BOJ negative rate 3.jpg


今回のマイナス金利導入は市場関係者を大いに驚かせました。マイナス金利は民間銀行が日本銀行に預けている預金の一部に適用されるのであり、私たちの銀行預金がマイナス金利になるわけではありません。

しかし、民間銀行の中には、企業から預かっている普通預金から手数料を徴収することで事実上のマイナス金利を適用しようという動きもあります。

一方、住宅ローンの金利が低くなるなど、お金を借りる人や企業にとって良いことも起き始めています。

日本銀行による一連の非常に大胆な金融緩和政策が今後どのような影響を及ぼすのか、注目していきたいと思います。

単語:
negative interest rate:マイナス金利
bag of tricks:あらゆる手段
lending patterns:貸付パターン、貸付態度

ソース:http://blogs.wsj.com/briefly/2016/01/29/5-facts-about-bank-of-japans-negative-interest-rates/

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。