2016年02月23日

血の付いた手紙が配達される in upstate New York

人気ブログランキングへ

blood staind mail.jpg


アメリカ合衆国郵便公社は、ニューヨーク州で血の付いた郵便物が配達されたことを謝罪しました。手紙に付着していたのは郵便配達員の血でした。この配達員が車に乗っていたところ、接触事故に遭い、車のサイドミラーが破損しました。サイドミラーを調整しようと試みた際、指に怪我を負ったということです。

配達員は、血が止まったと思っており、郵便物に血が付着したことには気付かなかったそうです。


血の付いた手紙を受け取った人たちは、さぞ驚いたことでしょう。配達員の怪我は大丈夫だったのでしょうか。早く良くなるといいですね。

upstate New Yorkとは、おおまかに、ニューヨーク州のニューヨーク市とロングアイランド以外の地域を指すことが多いようです。

The U.S. Postal Service:アメリカ合衆国郵便公社
sideswipe:こすって接触する
smudge:よごれ,しみ

ソース:http://news.yahoo.com/postal-apologizes-delivering-blood-stained-mail-142244200.html

写真ソース:http://www.pressdemocrat.com/news/nation/5256203-186/postal-service-apologizes-to-ny


人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。