2016年02月27日

グーグルが開発中のロボットの動画が凄すぎる humanoid  android  cyborg

人気ブログランキングへ

robot 1.png


2013年にグーグルが買収したロボット開発企業、Boston Dynamics社が、開発中のロボットの動画を公開しました。
このロボットは、自分でドアを開け、雪の積もる斜面を転ばずに歩き、10ポンド(約4.5キロ)の荷物を持ち上げ、さらには後ろから押されて転んだあと、自分の意思で起き上がります。

このロボットは電力をエネルギーとして、胴体や脚に付けられたセンサーでバランスをとります。

robot 2.png


robot 3.png


robot 4.png


robot 5.png




動画をみると、このロボットは本当に自分の意思をもって行動しているように見えます。ロボットと人間が共に生活する時代は、私たちが想像するよりも早く到来するのかもしれません。

humanoid(ヒューマノイド)とは「人間に似た物」という意味で、ロボットのような人間が作った物だけに限らず「人間そっくりの生物」や「宇宙人」といった意味もあります。一方、android(アンドロイド)は、人間が作った人造人間を指します。また、cyborg(サイボーグ)は筋肉や内臓など、人間の機能の一部を代替し、人間に埋め込まれる人工物を指します。

terrain 地形
humanoid:人間の形をした(ロボット)

ソース:https://www.yahoo.com/tech/google-robot-opens-doors-picks-itself-getting-knocked-132012185.html

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。