2016年04月10日

結婚式場で泥棒を繰り返していた女に7年の実刑 pleaded or pled

人気ブログランキングへ

wedding theft.jpg


米国カリフォルニア州で、結婚式の招待客のふりをして度々盗みを働いていた女に7年の実刑が言い渡されました。
容疑者は、サンディエゴで行われる複数の結婚式に招待客のふりをして紛れ込み、式が行われている最中に部屋や事務所に侵入して窃盗を繰り返していました。新郎新婦、招待客および式場従業員の財布やクレジットカード、現金を奪ったものとみられています。

容疑者は盗んだクレジットカードを使用し、コストコやウォルマートで数十万円もの買い物をしたそうです。複数の結婚式場と店の防犯カメラにその様子がとらえられていました。

容疑者は昨年の12月に逮捕され、今年2月に重窃盗罪および身元詐称の罪を認めました。


火事場泥棒ならぬ結婚式場泥棒ですね。堂々と招待客のふりをして、見ず知らずの人の結婚式に紛れ込むとは驚きです。

plead guiltyは「罪を認める」という意味ですが、pleadは「嘆願する、申し立てる」という意味の動詞です。pleadの過去・過去分詞はpleadedまたはpledで、以前はpleadedが正しくpledは間違いであると考える人も少なくなかったのですが、最近ではpledも広く受け入れられているようです。

felony conviction:重罪判決
grand theft:重窃盗罪
identity theft:身元詐称

ソース:
http://globalnews.ca/news/2623670/international-wedding-thief-sentenced-to-7-years-in-california-prison/

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。