2016年04月23日

誤ってゴミに出されたダイヤモンド、無事発見 transfer station

人気ブログランキングへ

diamonds in trash2.jpg


米国マサチューセッツ州で、女性がダイヤモンドの宝飾品を誤ってゴミに出してしまいました。

3.1カラットのダイヤの婚約指輪、1.75カラットのダイヤのペンダント、そして祖母の結婚記念日のために準備したダイヤモンドの指輪−女性はこれらの宝飾品を磨き終え、ペーパータオルで包み、自宅のカウンターの上に置きっぱなしにしていました。

ゴミ収集車がやって来た時、女性は何の気なしにこのペーパータオルをゴミに出しました。すぐに自身がおかした誤りに気付き、青ざめました。

事態を知ったゴミ処理場の責任者は、ダイヤモンドを収集したトラックが積んでいるゴミを近くの処理場で降ろすよう手配しました。発端となった女性とその夫、ゴミ収集処理場で働く人たちが懸命に探し、ダイヤモンドは無事発見されました。

diamonds in trash.jpg


危ないところでしたね。婚約指輪やおばあさんの指輪など、ただのダイヤモンド以上に大切な品々が無事に見つかって良かったですね。ゴミ処理場の方々の協力も素晴らしいです。

transfer stationといえば、まず「乗換駅」や「中継空港」などの意味が来ますが、「ゴミ処理場」という意味もあります。どういう意味で使い分けるかは、文脈や状況で判断するしかなさそうです。

ecstatic:有頂天の
heartbroken:悲嘆に暮れた

ソース:https://www.yahoo.com/news/workers-help-woman-recover-diamond-jewelry-thrown-trash-165428181.html?nhp=1
写真ソース:http://www.stltoday.com/news/local/metro/west-county-woman-s--carat-diamond-ring-tossed-in/article_e57fe788-cbef-5072-9eb1-c1d7ef1db01d.html

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。