2016年04月29日

12歳の少女が誤ってハーフマラソンを完走 miles

人気ブログランキングへ

half marathon girl.jpg


米国ニューヨーク州で、出場予定だったレースと間違えてハーフマラソンに出場した12歳の女の子が、見事完走しました。

LeeAdianez Rodriguezさんは、ロチェスターで開催された5qのレースに出場する予定でした。スタートラインに遅れて到着したと思い込んだRodriguezさんは、他のランナーに交じって走り始めました。ですが、そのレースは5qではなく、21.0975qの距離を走るハーフマラソンだったのです。

Rodriguezさんは途中でこのことに気付きましたが、完走すると決意し、2時間43分31秒のタイムで見事にゴールしました。


12歳の女の子が21qもの距離をよく走り切ったものです。途中で気付いたのに完走を決意するとは、よほど強い意志の持ち主なのでしょう。Rodriguezさんの将来が楽しみですね。

1mileは1.60934kmです。Rodriguezさんが出場予定だった5kmは約3.1miles、ハーフマラソンの距離は約13.1milesであり、 Rodriguezさんは本来の距離より10milesも長く走ったということですね。

ソース:http://www.whdh.com/story/31821880/12-year-old-girl-runs-ny-half-marathon-by-mistake

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。