2016年05月22日

警官が物乞いの市民とランチ panhandlerとhomelessの違い

人気ブログランキングへ

lanch with panhandler-jpg.jpg


米国マサチューセッツ州の警察官が、「help」のサインを掲示していた物乞いと昼食をともにして、賞賛されました。

州警察官のLuke Boninさんは、車のバックドアに座り、物乞いの市民とファストフードを食べていました。通りかかった人が写真を撮ったことにより、このことが広く知れ渡りました。

州警察のフェイスブックによると、Boninさんは「この件で注目を集めたり、どのような評判を得たりするのも気が進まない」そうですが、警察は「正しい行動」をしたBoninさんを誇りに思うとしています。

広くアピールするためではなく、ひっそりとこういう行いが出来るとは、正に警察官の鑑ですね。今回は結果的に知れ渡ってしまいましたが、これまでにも同様のことが行われていたのかもしれません。

panhandlerは「物乞い」ですが、homelessと全く同じ意味ではないようです。中には、住むところがあるのに、職業としてのpanhandlerもいるそうです。また、逆に何らかの仕事をしていてもhomelessの人もおり、「すべてのpanhandlerがhomelessとは限らず、すべてのhomelessがpanhandlerとは限らない」ということです。

ソース:http://www.channel3000.com/news/trooper-has-lunch-with-panhandler/39611480

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。